津川雅彦氏の濃密な講演

 先日の御坊市民教養講座は、俳優の津川雅彦さんの「私の役者人生」。兄で俳優の故長門裕之さんとの思い出だけでなく、話題は多岐にわたった◆驚いたのは「いまだかつて貯金通帳を持ったことがない」ということ。「宵越しの金は持たねえ」という昔の役者の掟を守り、貯金などしたことがない。「13回入院、11回手術をしたが、貯金がないから長期入院はできない。うちのお金は朝丘雪路が全部使っちゃう」。「今時の芸能人は昔と違って堅実」と感心してみせながら、自分にそんな部分はないが、「明日入ってくるお金がないな、と思いながら舞台に立つ。後ろは崖っぷち。後退できないと人は前へ出るもんなんです。絶対にお客をウトウトさせたりしない。マイクなんかなくたって、後ろまで届く声は出せますよ」と言い、マイクから顔を離して「聞こえるでしょ?」と、よく通る大きな地声で会場後方の観客に呼びかけた◆この闊達さ、潔さは女優でエッセイストの叔母沢村貞子さんに通じる気がした。亡くなったら散骨してもらうよう決めたという沢村さんに津川さんが「どうやってお参りしたらいいんだ」と尋ねると、「海の水は全部の水とつながってるんだから。水を見たら『叔母さん』と思ってもらえればいいのよ」と、さばさばと答えたという。観客から散骨の実際について質問があり、「そのまま撒いても風で舞っちゃうから、専用の設備がある船をチャーターした方がいいですよ」などアドバイスする一幕もあった◆エンターテイナーとして「皆さんに喜んでもらうために全身全霊をかける」と言い切った、その言葉には聴く者の胸にずしんと響く力と凄みがあった。60年に及ぶ役者人生の片鱗に触れられた、濃密な90分だった。   (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る