中川さんの作品が教科書の挿絵に

 御坊市湯川町出身で東京でイラストレーターとして活躍している中川貴雄さん(36)の作品が、光村図書出版の小学1年と2年の国語の教科書の挿絵に採用されている。教科書は中川さんの母校である湯川小学校(山本尚校長)でも使われており、「やりたかった教科書の仕事ができ、母校で使われているのはうれしい」と感激。山本校長も「偉大な先輩を子ども達に教えたい」と不思議な縁に笑顔を見せている。
 物心つく前から絵を描くのが好きだったが、学生時代は将来の職業とは考えておらず、湯川小、湯川中、御坊商工(現紀央館)を卒業後は大工の見習いなどを経験。19歳から3年間はフリーターで、当時働いていたコンビニで新商品を説明する絵を描いていたとき、オーナーから「大阪に専門学校があるから見に行ってみたら」とアドバイスをもらい、体験入学で「こんな楽しいことがあるんだ」と感じたのがこの道に進んだきっかけ。2004年3月に大阪デザイナー専門学校イラストレーション学科を卒業し、翌2005年同校ビジュアルデザイン研究科を修了。居酒屋でバイトしながらひたすら絵を描くなど実力をつけてきた。2009年に発足した関西にゆかりのあるイラストレーターでつくるユニット「なりゆきサーカス」にも参加。個展やグループ展を精力的に開催し、これまで雑誌の挿絵、CDジャケット、ブックカバー、絵本、カレンダー、映画のエンドロールなどさまざまな分野で活躍している。
 教科書に採用された挿絵は、1年、2年用とも「もくじ」の見開き部分で、子供や動物たちが楽しそうに行進している姿が独特のタッチで描かれている。「絵を描くときは、見た人がふっと笑えて肩の力が抜けるような作品をつくりたいと思っています」とし、「いつか教科書の仕事がしたいと思っていましたし、母校でも使われているのは感慨深いです」。最近は海外から仕事の依頼が増えてきており、「もっといろんな仕事をして、いつかディズニーランドのようなテーマパークができてしまうほどの作家になりたい」と大きな夢を抱き、日高地方のファンに「これからもたくさんの人に見てもらえるように頑張りますので、温かく見守ってもらえるとうれしいです」と話している。
 湯川小の山本校長は、「湯川小出身者の作品とは知りませんでした。いつか学校に来ていただき、子どもたちに話をしてもらえる機会があればうれしい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る