由良町長選 現職畑中氏が3選へ出馬表明

 由良町の畑中雅央町長(70)=2期、衣奈=は11日に再開した議会一般質問の中で、来年5月18日の任期満了に伴う町長選に触れ、「残された課題解決に向け、初心に帰り全力で臨みたい」などと出馬表明した。初当選以来掲げている「ふるさとに誇りと活力を」をモットーに、引き続き産業振興や福祉増進などに取り組んでいきたい考え。いまのところ対抗馬の動きはなく、無投票3選が濃厚となっている。
 トップ登壇した藤田富三議員がさまざまな畑中町長の実績を紹介した上で、「町政発展に大きく貢献されてきたことは、多くの町民が認めている。しかしながら、町政には課題も残されている。特に国道42号線(水越峠)の改良事業は由良にとって命と暮らしを守る生命線。この事業1件をとってみても、町長以外に具現化できる人はいない。ことし10月末には総合戦略も策定。引き続き陣頭指揮を取っていただきたいが、決意を聞かせてほしい」と質問。これを受けて畑中町長は「就任以来取り組んできた各施策について身に余る評価をいただきありがたい」と感謝した上で、「藤田議員から次期町長選への出馬について力強い要請をいただきました。先日から、区長有志、農業団体、漁業団体、商工団体からも出馬要請をいただいている。私としては、いただいた支援、思いに真摯(しんし)に向き合い、総合戦略に基づくまちづくりに取り組むとともに、残された課題解決に向けていま一度町政を担当させていただくべく気持ちを新たにし、初心に帰って全力で町長選に臨みたい」と力を込めた。
 畑中町長は、町職員、収入役、副町長を経て平成20年5月に無所属新人との一騎打ちを2777票対2207票で制して初当選。2期目は無投票だった。

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る