県農青年の主張 中家さんに県代表賞

 農業に対する考えなどを発表する県農協青年部協議会主催の「青年の主張」が和歌山市の県JAビルで行われ、JA紀州青年部の中家丈雄さん(36)=みなべ町谷口=が県代表賞を受賞。来年1月14日に大阪で開かれる近畿地区JA青年大会に出場する。中家さんは発表で、JA青年部に入部したことで、自身の農業経営が大きく変わったことなどを力強く述べた。
 「青年の主張」は、県農協青年部協議会創立40周年記念大会で行われた。県内4JAから1人ずつ出場があり、農業に対する思いを15分間で熱く語った。
 中家さんは「『endless farming work』~終わりなき農業の道~」をテーマに発表。梅農家の長男として、平成12年ごろから他産地との競争の激化、加工品の価格低迷などから将来に不安を感じていたが、6年前、婚活イベントをきっかけにJA青年部に入部。その後、青年部の仲間の創意工夫された栽培方法や見事に仕上がった商品などに驚かされ、今まで自身が見落としていた点や気づかなかった点を改善し、梅の栽培方法などを大きく見直すことにつながったという。
 加工梅の販売についても、JAの直売所に出品し、消費者の視点で商品を見つめ直してオリジナル性を高めたラベルの改良などにも取り組んだ。青年部との関わりが「人生を大きく変える出来事だった」と述べ、「青年部との出会い、人と人とのつながりの大切さを学び、『人なくして作物は育たない』、逆に『作物なくして人の成長はない』ということを痛感した。私には、青年部という盟友がいる。これは誇れる一つの大きな財産。日々情熱を持って、農業の道を歩き続けていきます」と力強く締めくくった。
 中家さんは「近畿地区JA青年大会では、県代表として精いっぱい頑張ってきたいと思います」と意気込みを話している

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る