日高川の診療所 保険医等の指定取り消し

 実際には行っていない保険診療を付け増すなど診療報酬を不正に請求していたとして、近畿厚生局は7日、日高川町土生、たまき皮ふ科耳鼻科の保険医療機関指定と、同診療所開設者の玉置かおり医師(47)の保険医登録をいずれも同日付で取り消すと発表した。
 たまき皮ふ科耳鼻科は町役場前にあり、玉置かおり医師は耳鼻科の患者を診療。約2年前、公費負担医療(乳幼児医療)の患者の母親から医療費に関して「受けた記憶のない処置や検査が請求されている」という訴えがあり、監査の結果、130万円近い不正請求が判明した。
 近畿厚生局和歌山事務所によると、患者の母親からの訴えを受け、昨年6月、玉置医師に聞き取りを行ったが、持参資料に不足があり、その理由についても明確な回答がなかったため調査をいったん中断。12月になって聞き取りを再開したところ、検査の診療報酬が請求されている患者について、検査委託会社からの請求明細書に記載がない例が多く見つかり、玉置医師は検査をしていないのに診療録に検査を実施したと記載、診療報酬を請求していたことを認めた。
 その後、計4回の監査の結果、レントゲン検査など実際には行っていない診療を付け増したり、実際に行った診療を保険点数の高い別の診療(手術など)に振り替えるなどし、平成24年1月分から26年3月分までのレセプト(診療報酬明細書)のうち、少なくとも62人分(194件)で126万2366円を不正に請求していた。ほとんどは患者の自己負担のない乳幼児医療だったという。
 たまき皮ふ科耳鼻科は昨年12月31日付で自主的に廃止、保険医療機関としての指定は取消相当となっており、玉置医師の保険医登録もことし8月9日付で自ら抹消、取消相当となっているが、同事務所はいずれも今月7日付で処分を決定。向こう5年間、保険医療機関、保険医の再登録はできなくなり、不正、不当請求分は過去5年までさかのぼり、監査で判明した以外のものも含め、保険者に返還させる

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る