マイナンバー詐欺に注意

 来年1月からスタートするマイナンバー制度を前に、10月から郵送での番号通知が行われている。各地では返送が続出したり、誤配達などトラブルも起こっているようだが、筆者のもとには問題なく届いた。その名の通り、国民1人1人に番号が振り当てられる制度。巷では「副業が会社にばれるようになる」などの声も聞かれるが、実際実生活にどういった変化があるのかは、わかりにくいところ。地域の商工会が主催する事業所向けのセミナーでは従業員のナンバー管理の徹底など呼びかける一方、消費税の軽減税率分の還元を受けるためにレジでマイナンバーカードを掲示すればいいなどという案もあり、番号の重要性もどの程度なのか難しいところだ。
 そんな一般への理解が広まっていない中だからこそ、そこを利用した詐欺も出ている。主な手口はマイナンバー通知が届いていない家庭を狙って「費用を支払えばすぐに届ける」「マイナンバーが漏洩しているので新たな番号を発行する」「マイナンバーを管理する」などと言って金銭を要求。また金銭だけでなく「導入に伴う調査」などとして個人情報を奪うケースも。兵庫県伊丹市では60代の女性がマイナンバーカードそのものをだまし取られたという事件も発生している。
 十分な周知徹底が行われないまま通知が始まったことにも原因があると思うが、いずれにしても対策を立てるにこしたことはない。電話で行政関係者から口座の暗証番号や金銭などを要求されることはないので、不審な電話や訪問等には警戒するとともに、今後新たな手口も出てくる可能性もある。細心の注意が必要だ。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る