大切なもののために…

 74年前の12月8日は、日本が真珠湾を攻撃した日。太平洋戦争では日本の軍人230万人、一般人80万人が亡くなった。終戦からことしで丸70年、テレビや新聞では大きく報道された
 美浜町出身の中西伸一さん(当時22歳)はこの大戦で特攻隊として沖縄の海に散華した。中西さんの弟の小松雅也さん(84)は平成21年から「引き裂かれた青春~特攻隊で散った兄~」をテーマに講演活動を展開している。これまでに54回をこなし、先日も南部ライオンズクラブの例会で講演が行われた
 当時、中西さんから特攻隊に入隊した報告を受けた両親らは「本当によかった。しっかり頑張れ」と激励し、「敵艦に見事体当たりした」という知らせを受けた時も「手柄を立ててくれた」と喜んだという。しかし、30年以上経った昭和52年の三十三回忌で、母親は「伸一」と叫びながら泣き崩れた。「いままでは天皇陛下に捧げた子だった。三十三回忌が過ぎてやっと自分の子になった」とつぶやいたという。ようやく戦争からの呪縛が解けた瞬間だったかもしれない
 戦争で亡くなった人たちは「大切な祖国のために」にと一命を捧げた。戦地から届けられた手紙は自分が死ぬ覚悟で戦っているにも関わらず、家族らの健康を思いやる内容ばかりだ
 以前、橋下徹大阪市長がテレビ番組で特攻について触れ、「負けると分かっていた。しかし、白旗を上げて何も抵抗することもなく連合国にやられるのではなく、後世の日本人が恥をかかないように命を投げ出した」という趣旨のことを話していたことがある。もちろん、特攻も戦争も2度とあってはならない。しかし、捨て身で大切なものを守るという自己犠牲の心は、戦後の70年で大きく欠けてしまったのではないだろうか。 

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る