不正は必ず暴かれる

 熊本市の化学及血清療法研究所が、国の未承認の方法で血液製剤やワクチンを製造していたというニュースには驚いた。筆者もこの時期になると毎年打っているインフルエンザワクチンは、国内3割のシェアを誇るという。安全上の問題は確認されていないといわれても、40年以上も組織ぐるみで不正をしていたような会社のいうことは信用できない。薬害エイズ訴訟で被告の一つとなり、再発防止を誓っていたはずの会社がまたしても過ちを犯したとなると、落とした信頼を取り戻すのは非常に厳しい。
 化血研に限らず、ことしも大手企業による偽装がニュースになることがあった。マンション等の建設に際した杭データ偽造も記憶に新しい。人を欺いて収益を得るというのなら詐欺といわれても仕方がない。昨年大きな問題となったSTAP細胞の小保方晴子氏の疑惑といい、一体何を、誰を信じればいいのか分からなくなってくる。日本は各分野で世界から信頼されているというイメージだが、このような偽装が続くようではジャパニーズブランドの信用も失墜してしまうことが心配だ。
 以前聴いた講演で、企業のコンプライアンスとは、法令遵守と直訳されるが、ようはいかに内部告発を防ぐかだといわれていたのが印象に残っている。内部告発者をいかに抑えるかではないことはいうまでもない、告発されるような不正をしないというのが企業の在り方だ。悪事はいつか必ず暴かれるのがまっとうな世の中。やましいことをして経営しようなんてことは通用しない。正直者がバカをみるような日本になってはおしまい。偽装や不正を働く企業はこれからも明るみに出るだろう。それが正常な世の中だ。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る