紀州日高漁協 海藻「アカモク」商品化へ

 紀州日高漁業協同組合(松村德夫組合長)が、来年3月にも由良町戸津井と小引の海に群生する天然の海藻の一種「アカモク」を新産品として販売する。近年、独特の食感と豊富な栄養素が注目され、全国的には商品化しているところもあるが、和歌山県内では初の試み。以前から漁船などの〝海の邪魔者〟となっていたアカモクの有効活用に期待がかかる。
 アカモクはホンダワラ科に属する海藻。1年生で、秋から冬にかけて成長し、長さは4~7㍍になる。ゆがいて細切れにして食べるとネバネバコリコリした食感があり、カリウム、カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルがワカメやモズクに比べて圧倒的に多いのが特徴。ポン酢をかけたり、うどんに乗せたり、玉子焼きに混ぜるなど、さまざまな料理方法があり、近年健康食品として注目され、神奈川、秋田、山形県などでは食用にされている。
 由良町の戸津井と小引の海は、水温や潮の流れ、自生する小さい石などの環境が適しているのか、以前からアカモクが群生しているのは知られていたが、漁船のスクリューに絡まるなどで邪魔者扱いされていた。そんな中、地元では3年前から藻場造成事業でカジメの増殖をしていたが、なかなかうまくいかなかったこともあり、アカモクに着目。2年前からアカモクがより一層自生するよう、小さい石を投入するなど、藻場の造成も進めている。ことし6月には県の水産試験場などの協力で海底も調査。至るところにアカモクが群生していることを確認した。加工は衣奈の水産加工処理施設を活用。今後、ゆがいて真空パックにするのか、生のまま冷凍するのか、乾燥させるのか、またパッケージや価格設定はどうするのかなどを検討し、来年3月にも商品化を目指す。また、漁協婦人部の協力でアカモクを使った料理レシピの開発も進めたい考え。紀州日高漁協戸津井支所の地区筆頭理事を務める中村和孝さんは「水揚げは船の上からでき、魚の漁をするよりも労力がいらず簡単。地元では個人の乱獲を禁止するよう申し合わせており、組合員が水揚げして、漁協が買い取って販売する流れ。由良にはワカメやヒジキの特産もあるが、新たな産品として地場産業の振興に役立ってくれれば」と期待し、「商品ができれば、まずは朝市で無料試食してもらうなどでPRもしていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. うまぁ…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る