御坊中学校で薬物乱用防止啓発イベント

 県など主催の薬物乱用防止啓発イベント「わかやまNO! DRUG! フェスティバル」が1日、御坊市の御坊中学校(土井淳司校長)で開かれた。全国的に少年の薬物に関する事件が増加しているなか、講演だけでなく麻薬探知犬の模擬捜査や生徒らによる薬物の断り方の寸劇も楽しみながら、麻薬の危険と正しい対応を学んだ。
 全校生徒187人と保護者、教職員、薬物乱用防止指導員、薬物乱用対策推進本部構成員など約230人が参加。初めに県薬務課の森本康弘さんが講演し、危険な薬物の種類や使ってしまったらどうなるのかを説明。幻覚を見て人に暴力を振るったり、買うためにお金が必要になって恐喝や強盗をしたり、体の制御がきかなくなって事故を起こしたり「人に迷惑をかけないから」では済まされない危険があり、周りの人を巻き込んでしまうことを訴えた。
 続いて、税関の仕事について大阪税関和歌山税関支署下津出張所の職員が密輸の取り締まりなどの役割を紹介。荷物などから薬物を見つける麻薬探知犬のデモンストレーションでは、生徒9人がステージに並び、うち1人が麻薬のにおいをつけたタオルを隠し持ち、犬がその人を見つけると、そばに座って知らせた。
 また、生徒らによる薬物の誘いを受けたときの断り方の寸劇も行われ、先輩や怖い人に対してきっぱりと拒絶できない場合は、「でも、だって、どうして」の3Dを使って、同じ言葉を繰り返してあきらめさせるなどのテクニックを紹介。薬物の危険から身を守る実践的な対応を学んだ。
 最後には生徒会長の松井希光さんと副会長の北野稔嬉さんが、「薬物の恐ろしさについて学習することができました。薬物に手をださないよう強い心を持ち、社会からなくすことを決意します」と宣言した。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る