進化系おもちゃに驚き

 4、5年前だったと思うが、おいのプレゼントにおもちゃを買いに行った。そのとき、ラジコンヘリを購入したのだが、まず数千円の安価な値段に驚き、家に帰って操縦させてもらったときには性能の高さにさらにびっくりさせられた。いまはもっと「進化系」のおもちゃが発売されており、もはや子どもの遊び道具とはいえない。
 40代の筆者でもよく知っているチョロQ。昔はただ直進するだけだったが、いまは前部にセンサーがついていて障害物を避けて通り、壁があればバックする。前出のラジコンヘリにしてもスプーンに乗せられるほど小型化され、野球盤は投手のボールが本当に投げているかのように浮き、スタンドへ飛び込むホームランも打てるように改良されている。自分の描いた魚の絵をスマホのカメラにかざすと箱のような〝水槽〟の中で泳ぎ出し、食べ物の絵を入れるとその魚が食べてくれる。頭に装着すればジェットコースターやスカイダイビングなど迫力満点の映像が360度体験でき、IT技術を駆使したハイテクおもちゃもたくさん存在している。話しかけると、話しかけた言葉をそのまま返してくれるぬいぐるみも親近感が持てることから人気を呼んでいるそうだ。
 「進化系」のおもちゃはテレビで紹介されていた。外国人に使ってもらったところ大好評。ほとんどが数千円で買えるものばかりだが、日本の技術力とアイデア、コストパフォーマンスの高さに驚いていた。たかが子どものおもちゃといえない、十分に日本のPRにもつながっている。
 以前、当欄でも紹介したが、けん玉など昔ながらのおもちゃも進化している。もうすぐクリスマス。いろんな進化系おもちゃを探すのも結構楽しい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る