龍神で女性限定モニターツアー

 龍神村と高野町の観光協会初のコラボモニターツアー、「龍神発高野を巡る心身艶やかな旅」が28日から1泊2日で行われ、京阪神を中心に全国から20人の女性が参加した。初日の龍神村では特産のしいたけ料理、アート体験、美人の湯の温泉などを楽しみ、翌日は開創1200年を迎えた霊峰高野山を参拝。悠久の歴史と自然、文化に彩られた人気スポットの旅を満喫した。
 ツアーは龍神温泉の「日本三美人の湯」にちなみ、女性限定企画として参加者を募った結果、全国から50人以上の応募があった。参加者20人はJR和歌山駅へ集合後、バスで龍神村に入り、まずは福井の道の駅龍游の「つぐみ食堂」でランチ。特産のしいたけを使ったしいたけソースカツ丼、しいたけバーガーなどを楽しみ、龍神村のきれいな水と空気で育った肉厚、ジューシーな味わいに「めっちゃおいしい」と笑顔がこぼれた。
 続いては小家のアトリエ住宅で藍染、エアブラシアート、山路紙紙すきに挑戦。Iターンで移り住み、制作・生産活動をしているプロの芸術家から指導を受け、それぞれの作業と作品作りを体験した。エアブラシアートは圧縮空気で霧状の塗料を吹き付け、ぼかしや遠近感など細かくリアルな質感を生み出す絵画。8人が参加し、15年前、テレビ番組の企画で日本一に輝いたという柴田友助さん(60)から基本を教わり、クリスマスにちなんだ作品作りにチャレンジした。大阪府の看護学生、木村由里華さん(20)は「色の濃淡のつけ方が難しく、思うようにできなくてちょっと歯がゆいですけど、すっごく楽しいです」と話していた。
 藍染には7人が参加し、千葉出身の藍染職人計良容子さんのアトリエで天然藍の染色を体験。江戸時代から続く「天然藍灰汁発酵建て(てんねんあいあくはっこうだて)」と呼ばれる伝統技法に触れ、天然素材の染料に手を入れ、生地を染める過程では「意外にあったかくて気持ちいいです」と楽しそうだった。
 宿泊先の「季楽里龍神」では、山菜や豆乳など美肌効果抜群の「美人会席」、美人の湯の温泉も堪能。翌日は高野山までの途中、「日本で三番目に怖い」といわれる吊り橋に立ち寄り、高野山では宿坊遍照尊院での写経、精進料理のランチのあと、語り部同行で奥之院を参拝、金剛峯寺・壇上伽藍も見学した。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る