龍神で女性限定モニターツアー

 龍神村と高野町の観光協会初のコラボモニターツアー、「龍神発高野を巡る心身艶やかな旅」が28日から1泊2日で行われ、京阪神を中心に全国から20人の女性が参加した。初日の龍神村では特産のしいたけ料理、アート体験、美人の湯の温泉などを楽しみ、翌日は開創1200年を迎えた霊峰高野山を参拝。悠久の歴史と自然、文化に彩られた人気スポットの旅を満喫した。
 ツアーは龍神温泉の「日本三美人の湯」にちなみ、女性限定企画として参加者を募った結果、全国から50人以上の応募があった。参加者20人はJR和歌山駅へ集合後、バスで龍神村に入り、まずは福井の道の駅龍游の「つぐみ食堂」でランチ。特産のしいたけを使ったしいたけソースカツ丼、しいたけバーガーなどを楽しみ、龍神村のきれいな水と空気で育った肉厚、ジューシーな味わいに「めっちゃおいしい」と笑顔がこぼれた。
 続いては小家のアトリエ住宅で藍染、エアブラシアート、山路紙紙すきに挑戦。Iターンで移り住み、制作・生産活動をしているプロの芸術家から指導を受け、それぞれの作業と作品作りを体験した。エアブラシアートは圧縮空気で霧状の塗料を吹き付け、ぼかしや遠近感など細かくリアルな質感を生み出す絵画。8人が参加し、15年前、テレビ番組の企画で日本一に輝いたという柴田友助さん(60)から基本を教わり、クリスマスにちなんだ作品作りにチャレンジした。大阪府の看護学生、木村由里華さん(20)は「色の濃淡のつけ方が難しく、思うようにできなくてちょっと歯がゆいですけど、すっごく楽しいです」と話していた。
 藍染には7人が参加し、千葉出身の藍染職人計良容子さんのアトリエで天然藍の染色を体験。江戸時代から続く「天然藍灰汁発酵建て(てんねんあいあくはっこうだて)」と呼ばれる伝統技法に触れ、天然素材の染料に手を入れ、生地を染める過程では「意外にあったかくて気持ちいいです」と楽しそうだった。
 宿泊先の「季楽里龍神」では、山菜や豆乳など美肌効果抜群の「美人会席」、美人の湯の温泉も堪能。翌日は高野山までの途中、「日本で三番目に怖い」といわれる吊り橋に立ち寄り、高野山では宿坊遍照尊院での写経、精進料理のランチのあと、語り部同行で奥之院を参拝、金剛峯寺・壇上伽藍も見学した。

関連記事

フォトニュース

  1. オリンピック成功してほしいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る