津川雅彦さんが役者人生語る

 平成27年度第5回市民教養講座は28日、御坊市民文化会館大ホールで開かれ、俳優の津川雅彦さん(75)が「私の役者人生」をテーマに語った。長年ライバルだった兄で俳優の故長門裕之さんとの思い出をしみじみ振り返ったほか、妻の朝丘雪路さん、伯母の沢村貞子さん、一人娘で女優の真由子さんら家族への思いもユーモアを交えながら話した。
 芸能一家に生まれ、役者になるのが当然という空気の中で成長。自身は新聞記者を志して早稲田大学高等院に入学したが、成り行きで石原慎太郎原作の映画「狂った果実」に石原裕次郎の弟役で出演することに。「演技はド下手だったけど、顔がいいから人気が出ちゃった」とユーモラスに話した。これがきっかけで兄の長門さんとの間に確執が生まれたと言い、「雑誌の記事なんかもぼくにばかり話がくる。兄の方が弟より優れているのはいいんですが、逆だと家の中が暗くなる。ぼくに取材依頼の電話があると、兄貴がコップを庭へ叩きつけたりする」と当時を回想。「兄貴は日活から松竹へ移る決心をしたけど、性格がいいからスタッフ皆に好かれていて『行かないで』と涙ながらに止められた。ぼくは全然好かれていなかったので『おまえが松竹へ行け』ということになりました。ぼくはとにかく顔がいいからどこへ行っても大丈夫だと思い『いいよ』と簡単に承諾。ところが、それからバッタリ売れなくなってしまった。波に乗れなくなり、映画の企画もこない。久々にもらった話が映画『古都』で岩下志麻の相手役。しかしいつの間にかぼくが降りて兄貴が演じる形になっていた。兄貴は監督に直談判してこの役をつかみ取ったんですが、これで助演男優賞をとった。ぼくは顔で売れたけどすぐにだめになった。兄貴は顔は三枚目だけど、自分の腕で地位を得たんですね」としみじみ振り返った。その後60歳を過ぎてからやっと兄弟仲良くできるようになったことを話し、「そうなるともうベタベタに仲良くなってしまうんです。テレビや映画でも共演し、最期はぼくが看取りました。晩年は本当にいい兄貴でした」と偲んだ。
 そのほか、生後5カ月の時に誘拐され、現在は女優となっている娘の真由子さんについても「無事に帰ってきてくれた時、日本一の俳優になるより世界一のお父さんになろう、世界中のおもちゃを集め寝食を忘れて一緒に遊んでやろうとおもちゃ屋を経営し始めた」など話し、家族への思いも披露。「文明と違って文化は腹の足しにはならないが、心の足しになる。皆さんに喜んでもらうために全身全霊をかける、それがエンターテイナーとしての一期一会」など、役者論も展開した。

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る