「凛烈の意気」に感動

 先日、「春の高校バレー」として親しまれている第68回全日本バレーボール高校選手権大会の県代表決定戦(決勝)が和歌山ビッグホエールであり、取材した。対戦は男子が開智―和歌山工、女子が信愛―箕島。日高地方から開智に2人、信愛女子に3人、箕島に5人の合わせて10人がメンバー入りし、彼、彼女らの姿をカメラのレンズで追った。
 結果は既報の通り男子は開智、女子は信愛が勝利し、ともに全国大会(来年1月5日から東京体育館)の出場権を獲得。両チームの活躍に期待したい。一方、残念ながら敗れた箕島も、拾ってつなぐバレーで粘り強い戦いを見せてくれた。横断幕に記された「凛烈の意気」。意味は「厳しい状況のなかにあっても目標に向かって臆することなく積極的に意欲的に取り組む心意気」だそう。初めて進出を果たした決勝で、まさにプレーに表れていたと思う。
 そのうちの一人、野上結衣選手(3年、日高中卒)は第2、3セットにピンチサーバーで出場。サーブを打つ前、チームメートやスタンドの応援に、満面の笑みで応える姿が印象的だった。ベンチでも笑顔と大きな声でチームを鼓舞。試合後インタビューで「みんな笑顔でやり切れた。悔しいけど、楽しくいい試合ができました」と爽やかだった。
 聞くと、ほかの同級生が早くから試合に出るなか、彼女は3年生になって背番号をもらえたそう。辛い時期を乗り越えての出場、最後の試合に「3年間で一番いいプレーができました。最高の仲間と一緒にバレーができてよかった」。その笑顔とユニホームの「3番」がまぶしかった。彼女を含め、感動をくれた選手、健闘にあらためて拍手を送りたい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る