水素技術の発展に期待

 昨年、トヨタが世界初の量産燃料電池車「MIRAI」を発売した。この燃料電池とはタンクに積んだ水素と空気中の酸素を化学的に結合させて発電する装置で、発電した電気の力で走行する。ガソリンよりエネルギー効率がよく、また排出するのは水(水蒸気)だけなので環境にやさしいなどのメリットがある。ホンダや日産なども開発に取り組んでいる。
 そんな中、先日、新技術や防災について学ぶ和高専・次世代テクノサロン(和高専など主催)で、「水素社会の実現」をテーマにした講演会を聴いた。水素についてはさきほどの水素自動車が発売されたくらいしか知らなかったため、何かと勉強になった。中でも気になったのが水素の作り方だ。開発が進む新エネルギーというので自然界に多く存在するものと思っていたが、実は自然界にはほとんど存在しない。主流な製造方法は石油や天然ガスなどの化石燃料を使う。エネルギー効率がいいといっても製造過程で二酸化炭素が発生し、また有限の化石燃料に依存しなければならないのは意外だ。ただ水素はさまざまな原料から製造できるのが特徴で、有名なのは水。水の電気分解で作ることができるが、現時点では製造にかかるエネルギーの方が上回っているという。また鉄鋼や化学品の製造の際の排出ガスに大量の水素が含まれている。現在は大半が破棄されているが再利用することで水素を確保できる。
 このほか水素は蓄電が難しい電力と違い備蓄できるため、発電による余剰電力を水と反応させて水素にしておくことも可能だ。既存エネルギーにとって代わるまではいかないかもしれないが、多くの可能性を秘めた水素。今後の技術の発展に期待したい。 (城

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る