そばで寄り添う優しさを

 記者という仕事をしていると、いろんなジャンルの講演会を聴く機会がある。講師それぞれの考え方があり、それぞれに勉強させられる。先日、御坊市民文化会館で開かれた御坊市の人権教育講演会も、胸に響く言葉がたくさんあった。講師は西宮市で21年間小学校の教師を務め、その後は兵庫県の教育サポーターとして若手教師を指導している仲島正教さん。県の教育関係者の話なので固いだろうと勝手に想像していたが、人の心にストレートに伝わる力強い言葉は印象深く、記事で紹介できなかった部分を少し紹介したい。
 教育とは「今日行く」であり「共育」。気になる生徒がいたり、保護者に伝えたいことがあればすぐに足を運ぶことが大切で、そしてともに育っていくのだと。こんな教師がたくさんいる学校は楽しいだろう。子どもたちに教えていたこととして、「優しい」とは「憂い」(辛さや苦しさ)のある子のそばに寄り添い「あなたは一人じゃないよ」と声をかけてあげられること。そんな仲間がいっぱいのクラスになろうと。保護者には「子どもの失敗を頭ごなしに怒らず、10秒でも抱きしめて前を向かせてあげよう」。親として胸にとどめておきたい言葉ばかりだった。
 もうすぐ師走。12月4日から人権週間がスタートする。仲島さんいわく「人権とは、人と人との温かいつながりを感じることであり、だれもが笑顔になるためのもの。ただ、いじめや差別を受けて笑顔になれないこともあるのが現実」と。全国的にいじめを苦にした児童生徒の自殺が後を絶たない。今日行く教師が、寄り添う仲間が、抱きしめられる親が子どもたちの尊い命を守れるだろう。自分にできることは何か、もう一度考えたい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る