猫だましに賛否両論

 もともと大相撲に興味がなかった筆者。いまだに細かいルールや技は分からないが、モンゴル出身の元横綱・朝青龍が好きでテレビ放送を見るようになった。伝統ある日本の国技にそぐわない戦い方や振る舞いに批判も多かったが、筆者としてはあの他を圧倒する強さ、そして〝勝ちへの執念〟に魅かれるものがあった。
 今週日曜日に千秋楽を迎える九州場所では、横綱・白鵬が36度目の優勝を狙って単独トップ。ところが、10日目、東関脇・栃煌山との一番で「猫だまし」を2度繰り出して物議を醸している。北の湖理事長は「前代未聞。考えられない」と痛烈に批判。猫だましは格下や体型の小さい力士が格上相手に使う奇策らしく、確かに幕内最多優勝を誇る〝大横綱〟が使うのはいかがなものかと言える。
 ただ、にわか相撲ファンの筆者が言うと説得力がないが、別に猫だましもいいのではないだろうか。何でもかんでも勝てばいいと言うわけではないが、例えば土俵で相手につばを吐くとか、眼つぶし攻撃を行うとか、そこまで卑劣なことをしているわけでもないので、まずまず許容範囲⁉ もちろんがっぷり四つに組んだ方が見応えがあるが、猫だましというのを初めて見たので、トリッキーな素早い展開は結構おもしろかった。筆者のようなにわかファンを増やすにはそんな取組があってもいいのではないだろうか。
 それに、そもそも白鵬に好き勝手させている日本力士がふがいないとも言える。現在、横綱は白鵬含めて、3人ともモンゴル出身。大相撲の品格を守りたいのであれば、日本人力士がモンゴル勢をはね退ければいいと思うのだが…。
      (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る