和歌山県の備長炭生産量 高知に抜かれ2位に

 備長炭(白炭)の生産量日本一を誇っていた和歌山県が、昨年の生産量が高知県に抜かれ、2位に転落したことが分かった。平成元年は2531㌧だったが、昨年は半分以下の1144㌧に減少。一方、高知は年々増加し、1225㌧で81㌧差を付けられた。梅と並んで特産物として売り出しているみなべ町も、26年度は前年度に比べ微減となっている。
 年間生産量が2500㌧を超えていた平成元年当時の製炭者数は503人だったが、15年には186人に減り、生産量も1675㌧と3割以上減少した。その後、製炭者は180人前後で推移。生産量は21年までほぼ横ばい状態だったが、23年に1261㌧、24年に1226㌧、25年に1135㌧と徐々に減っている。要因の一つに原木の減少が挙げられ、県林業振興課は「原木自体はあるが、伐採しやすい場所には少なく、備長炭をつくるのに適した太さの木も少ない」と話している。製炭者の高齢化もあり、「炭焼きを希望するIターン者が増えているが、『1人前になるのに10年かかる』ともいわれる。半面、熟練した炭焼きがあまりいなくなり、効率的に炭を焼ける技術者が減少した」という。
 一方、高知県では企業製炭がみられ、生産量を伸ばしている。平成21年には631㌧だったが、22年に674㌧、23年に728㌧、24年に908㌧、25年に1130㌧と増加しながら推移。製炭者は21年の82人から26年は43人に減少したにもかかわらず、大きな炭窯で工業的に焼いて生産量を増加させている。県林業振興課では「昨年は高知県の生産量が1位だったが、高知県でも原木が不足しているという。県では紀州備長炭を振興させるため、すべての原木を切ってしまう皆伐ではなく、細い木は残す択伐方式を勧めている。技術マニュアルも作成した」と話している。
 備長炭を特産として売り出しているみなべ町の生産量は、県内では日高川町、田辺市に次いで3番目。同町産業課によると、平成26年度は217㌧で前年度の222㌧より微減した。「原木不足や製炭者の高齢化が影響しているのではないか」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る