パワースーツに期待

 先月の21日は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」で主人公のマーティ・マクフライとエメット・ブラウン博士らがタイムマシンで1985年からタイムスリップしてきた日だった。1989年に公開された映画の中の2015年にはビデオ会議や3D映像などがあり、現在実現しているものもあったが、空飛ぶ車をはじめいくつかは実現できなかったようだ。実際、この30年間で一般的な生活の中で何が大きく変わっただろうか。テレビがブラウン管から薄型になったり、自動車が電動になるなど、さまざまな物がより便利になってパワーアップしたりはしているが、新たに増えたものと言えば、インターネットとスマートフォン(携帯電話)くらいだろうか。
 そんな中、パワースーツの研究・実用化が各機関や企業で進められている。和歌山でも和歌山大学の八木栄一特任教授が中心となって「パワーアシストスーツ」として研究を進めている。スーツは農林水産省の補助を受け、農作業の負担軽減を目指して取り組んでいる。主な機能は重い荷物の持ち上げ、中腰、歩行の際にサポートしてくれる仕組み。これまでの研究では実証実験などを通じてサポート効果の確認、軽量化などを進めてきており、28年度の商品化を目指している。
 今後の展望としては農作業に限らず、運送や介護などさまざまな用途で使うことを想定。八木教授のスーツは1台100万円程度での発売を予定。当面は高価になるだろうが、いずれはコストダウンが図られ、一般家庭向けに販売されることも想定できる。20年、30年後の世界にはパワーアシストスーツのある風景が当たり前の日常になっているのかもしれない。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る