御坊市 長計実施計画に塩屋漁港防災強化

 御坊市は13日、第4次総合計画に基づく実施計画(平成28~30年度)として83事業を採択したと発表した。うち新規は15事業で、継続68。新規では、水揚げの拠点となっている塩屋漁港の防災・減災対策を盛り込んだ。南海トラフの巨大地震を想定したシミュレーションを行い、ぜい弱な部分を補強して被害を最小限にくい止め、迅速な復旧で漁業者の早期生活再建につなげていく。
 大規模地震・津波被害からの早期復旧は被災者の生活再建のために重要な課題。津波が起きれば漁港が被害を受けることが予想され、市では今回、水揚げの拠点となっている塩屋漁港の機能を強化することで早期復旧を可能にしようと事業化した。28年度中に国の漁港施設機能強化事業に申請し、29年度は業者に委託してシミュレーションを行い、巨大津波が発生した場合はどのような被害が出るか、どのような対策をとれば被害を最小限に抑えられるかを調査。結果をもとに30年度で堤防の補強や港内の陸上輸送ルートの補強など具体的な対策を講じていくことにしている。
 このほかの新規事業は第4次総合計画の後期計画(28年度から32年度)に盛り込んでいた事業が中心で、津波避難困難地域解消のための津波避難タワーの建設、子育て支援のファミリーサポートセンター開設、子どもたちに御坊の魅力を伝えるわがまち魅力再発見事業、空き家の実態を把握し必要に応じて撤去していく空き家再生推進事業など。同じく後期計画新規事業の市民野球場屋内練習場整備事業は、場所や実施時期をさらに検討してから事業化していく。主な継続事業は、防災行政無線放送施設固定系デジタル化事業、湯川中学校改築事業、御坊大橋長寿命化耐震事業、道成寺天田橋線道路改良工事などとなっている。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る