おもてなしで町を元気に

 国道を走っていると、海を一望できる場所で他府県ナンバーの車が止まり紀伊水道の水平線をバックに記念撮影する姿を以前からよく見かける。地元で生まれ育った人には当たり前の風景も、都会の人からみれば「すごい」景色。日常生活に溶け込んでいる観光資源に気づくのは難しいが、他人から見ればそれが魅力というものは案外多い。景色や観光スポットだけでなく、食や土産物もそう。キーワードは「その土地ならでは」だろう。
 先日、観光地としてアピールしている御坊の寺内町で明るい話題が二つあった。一つは「寺内町御膳」と名付けた御坊伝統の食を集めた料理が、他府県から多くの参加者があった放送大学のフィールドワークで振る舞われたこと。早なれ寿司や茶がゆ、径山寺味噌など御坊ならではの味がぎっしりで、味もさることながら「ここにしかない」という観光には欠かせない要素が詰まっていたのが好評だった要因だろう。
 もう一つの話題は、寺内町に新しい土産物店「御坊天神堂」がオープンしたこと。節句の贈り物として親しまれていた御坊人形をもとに製作されたオリジナルの天神人形のほか、お茶やまんじゅう、梅干しなどを扱っており、こちらも「御坊だからこそ」の商品をそろえているところが大きな魅力。オープン初日から大勢の人でにぎわったのもうなずける。
 寺内町御膳と御坊天神堂、ジャンルは違うが、少しでも観光客に喜んでもらいたい、御坊のよさをアピールしたいという発案者の思いは同じ。このおもてなしの気持ちこそが観光振興の第一歩で、まちの活性化のスタートラインであろう。「いっちょやったろか」の気持ちが町を元気にするのだ。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る