布施明御坊公演を堪能

 「シクラメンのかほり」がヒットした頃、筆者は小学生。歌詞の「まわたいろ(真綿色)」「すがしい(清しい)」などの意味がさっぱりわからなかった。「君は薔薇より美しい」の頃は中学生。テレビから流れるパワフルな歌声の美しさはよく覚えている
 ◆それから30年以上が経っているが、先日の御坊公演で、目の前の舞台から会場いっぱいに響きわたる布施明さんの歌声は記憶よりも一層パワフルであった。うたい続けて50年、来月には68歳という年齢が嘘のような声である。「シクラメンのかほり」は10年間という長いスランプのあとめぐりあった曲で、「その後もこの曲には助けられた」という
 ◆トークで印象的だったのは、「遊びをせんとや生まれけん、戯れせんとや生まれけん」の言葉で有名な「梁塵秘抄」からの引用。匠の技は後世まで残るが、歌声は残せないのが残念だ、という。布施さんは、「現代は録音技術は発達しているが、それでもやはり、歌は一期一会」と言われた。たとえ同じ内容であっても舞台芸術はすべて一期一会と思っている筆者には同感の言葉だった
 ◆「梁塵秘抄」は後白河法皇の編による歌謡集。頼朝と義経を不仲にした人というぐらいの認識しかなかったが、今回興味を持って調べてみるとこの人の歌好きは尋常ではなく、「10歳の頃から今様(流行歌)に興味を持ち、昼は一日中歌い暮らし、夜は一晩中歌い明かし、声が出なくなったことが3回」という
 ◆「君は薔薇より美しい」のサビの部分に当時テレビを見ていた頃の記憶などよみがえらせながら、800年さかのぼる平安時代も今も、「うた」の持つ力が人の心を捉える事実は変わらないのだなとあらためて思った。   (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る