全日本馬場馬術大会 増元さんが優勝

 第67回全日本馬場馬術大会2015(公益社団法人日本馬術連盟主催)が6日から3日間、兵庫県の三木ホースランドパークで開かれ、セントジョージクラス馬場馬術で、印南町古井、ラ・グレースゴルフ倶楽部の増元拓巳さん(30)=印南町=が見事優勝。日本最高峰の馬術大会で、国体に続き快挙を成し遂げた。「
 大会には馬場馬術連盟公認の地区大会などのランキングポイント上位者が出場でき、増元さんは1位で出場。競技は、馬場内を「常歩(なみあし)」「速歩(はやあし)」「駈歩(かけあし)」の3種の歩き方でさまざまな運動を演じる競技で、前進、停止、後退をはじめ後ろ足を軸にして旋回するピルーエットなど各技を披露し、馬の調教レベルと騎手の技量を競う。
 馬の調教度合いごとにクラスが分かれ、上位3番目のセントジョージには26人が出場。増元さんは、3年前にドイツから輸入した馬場馬術に適したハノーバー種の「リフレクションⅠ」で挑み、予選では馬が暴れ出すハプニングに見舞われ、15位と最下位通過。決勝では落ち着きを取り戻し、駈歩の技を中心に順調にこなし、5人の審査員のうち2人が1位、3人が2位の高評価を受け、優勝に輝いた。
 3年前は12位、2年前は予選落ち、昨年は9位で、今回念願の優勝。「ことしに入って馬のコントロールがしやすくなり、優勝につながりました。目標を達成しましたが、次は連覇を目指したいです」と話している。
 宮崎県出身。千葉県の乗馬専門学校を卒業し、千葉でインストラクターを務め、全日本クラスの大会で優勝経験も持つ。平成24年からラ・グレースのインストラクターを務めており、わかやま国体では成年男子馬場馬術で優勝している。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅はとっても体にいいんだよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る