田辺で「よしくま」国立公園拡張記念式典

 9月にみなべ町から串本町までの海域が吉野熊野(よしくま)国立公園に編入されたことを受け、環境省近畿地方環境事務所は8日、田辺市のスポーツパークで大規模拡張・海域公園地区指定記念式典を行った。同省の奥主喜美自然環境局長は「海の魅力を再認識してもらいたい」とあいさつしたあと、関係者が梅ジュースの鏡開きで祝った。
 式典には約200人が参加。オープニングとして秋津川炭琴サークルが演奏を披露し、澄んだ音色を響かせた。奥主自然環境局長は「40年ぶりに海域が拡張された。海、山、川がそろった自然公園を多くの人に楽しんでほしい」とあいさつし、仁坂知事や田辺市の真砂充敏市長らも「国定公園内に生息するオオカワリギンチャクは天然記念物に指定となった。みなべのきれいな自然が国立公園になり、うれしく思う」などと述べた。続いて近畿地方環境事務所の秀田智彦所長が概要を説明し、世界最北のテーブルサンゴ群集の生息やきれいな紀南地方の海岸などについて紹介。みなべ町の提供した樽入り梅ジュースで鏡開きを行い、同町の小谷芳正町長の発声で木槌を振り下ろして祝った。
 このあと、京都大学名誉教授で舞根森里海研究所長の田中克氏を講師に迎えて記念講演が行われ、「森里海連環の世界を拓く~いのちのふるさと海と生きる~」をテーマに語った。「国立公園を活かした地域振興について」をテーマにするトークセッションでは、天神崎の自然を大切にする会理事の玉井済夫氏、自然体験学習支援センター理事の中家勝之氏、ネイチャーフォトグラファーの内山りゅう氏、熊野自然保護連絡協議会会長の南敏行氏、環境省田辺自然保護官の岩野公美氏の5人がパネラー。玉井氏は41年間にわたって行ってきた天神崎の保護活動を紹介し、「活動を始めた当時は、まさか国立公園に指定されるとは思わなかった」などと振り返った。

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る