過失、過信なくし火災予防

 「消すまでは 出ない行かない 離れない」。自宅の台所に火の用心の紙が張られている。日高川町消防団と書かれているので、10年以内のものか。ここ10年何度、火を消さずに出て行き、離れ、あわや火災というくらい鍋が真っ黒になったことだろう。そんな我が家のキッチンコンロがガスからIHに変わった。安全・安心という印象だが、火災の危険性はゼロではない。インターネットで調べるとガスは過失がほとんど、IHはセンサーに頼り切っての過信や知識不足が多いよう。つまりは使う人しだい。
 さて、9日から15日までの7日間は、秋の火災予防運動。これからの季節は空気が乾燥し、風の強い日が多くなるため火災が発生しやすく、また、ひとたび火災が発生すると延焼拡大する危険性が高くなることから、火災の発生を未然に防ぐために全国で一斉に運動が展開される。ことしの統一標語は「無防備な 心に火災が かくれんぼ」。注意力や危機感を高め、潜む火種を見つけてほしい。
 御坊市、日高広域の両消防本部も啓発活動や防火査察を実施。住民には住宅火災から命を守る7つのポイントとして、3つの習慣と4つの対策を呼びかけている。習慣は寝たばこをやめ、ストーブは燃えやすいものから離れた位置で使用、ガスコンロを離れるときは必ず火を消す。対策は逃げ遅れを防ぐために住宅用火災警報器を設置し、寝具、衣類、カーテンは防火品を使用、消火器を設置し、隣近所の協力体制をつくる。この機会にあらためて、職場や家庭で火災(予防)の話題を口にしよう。そうすることで過失、過信をなくし、防火に対する意識を高めてもらいたい。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る