みやこひめ御博 大好評

 日高地方初の地域活性化イベント「みやこひめ御博」(22日まで)は、先月24日に開幕して7日で2週間が経過。すでに8プログラムが終了したが、ほとんど定員いっぱいで開催したほか、急きょ開催日を増やしたものもあり、好評ぶりをうかがわせている。きょう8日以降に開催するうちの5プログラムはすでに満員。県内が中心だが、県外からの参加者もあり、御坊日高のPRと地域の魅力再発見に貢献している。
 みやこひめ御博は、住民が主役となってさまざまな体験プログラムを提供し、地域の魅力を多くの人に知ってもらうのが目的の活性化イベント。20~40代の若者が実行委員会を作って企画し、先月24日に開幕。今月22日までの30日間、日高地方全域で開催されている。
 初開催の今回は32のプログラムを用意。期間中毎日開催しているものや、開催日を限定したものなどいろいろで、6日までの2週間で終了したプログラムは8つ。いずれも募集した定員は満杯、もしくはほぼ満杯状態だったのがほとんど。中でも、先月25日と今月1日の2回の開催を予定していた天然クエとおいしさを引き立たせる地酒を楽しめる「こだわりの魚屋と唎酒師がおもてなし」(案内人・小島健嗣さん、森本隆夫さん)は、好評につき開催日をもう一日追加して開催するほど。御博事務局によると、参加者は県内がほとんどだが、大阪や遠くは横浜から来た人もいたという。
 8日以降に開催される期間限定のプログラムのうち、「ケーキ作り」「はんわりスツールづくり」「梅仙人と過ごす夜」「サンセットクルーズ」「プロの巻き寿司」の5プログラムはすでにほぼ予約いっぱいの状況。まだ間に合うプログラムとしては、「御坊の地酒誕生秘話」「寺内町、歴史、堀河屋も知る」「ワカメ寿司とアジの干物づくり」などで、事務局では「日高川町で期間中毎日開催している『屋根さえあれば生きていける自給自足的生活体験』はすごくユニークですので、ぜひ参加を」とおススメ。実行委員会広報担当の阪本琢磨さんは「予想していた以上に参加者が多くてうれしい。まだ空きがあるプログラムもありますので、気軽に体験して地元の魅力を少しでも感じてもらいたい」とPRしている。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る