トンボ絵画コンク 中山君が銅賞

 第30回「WE LOVE トンボ」絵画コンクール(朝日新聞社主催、㈱トンボ協賛)で、紀央館3年の中山瑞貴君の作品「収穫のあと」が上位4番目の銅賞に輝いた。
 全国から15万5828点、高校生部門には1048点が出品。高校部門では大賞2点、金賞3点、銀賞5点、銅賞8点が選ばれた。
 中山君の作品は、夕焼けで赤く染まった収穫後の田んぼの上をトンボ「アキアカネ」が優雅に飛ぶ姿を描いた。アクリル絵の具を使って稲に映る赤色をきれいに表現し、細かな模様のトンボの羽はボールペンを使って丁寧に仕上げた。受賞に際し「家の前の風景で、トンボの絵と聞いてすぐにこの風景が思い浮かびました」と話し、受賞を喜んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年は48輪咲きました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る