南部高校で文化祭

 田辺市龍神村の秋の恒例イベント、翔龍祭・第44回林業まつり(同実行委員会主催)がことしも21・22日に同村柳瀬の龍神ドームで催される。木工品、体験コーナー、飲食店など多彩な企画で龍神の魅力を発信する。翔龍祭・第30回村民文化祭も21~24日に龍神市民センターで行われる。
 毎年の恒例イベントで、ことしのテーマは「わがらの山のくらし~木とふれあう~」。特産の販売のほか、木屑の中に入って遊べる体験コーナー「木屑のプール」、女性木工教室、エアブラシパフォーマンスなどがある。21日午後3時からは新宮市出身のシンガーソングライター丸石輝正さんのライブも行われ、龍神温泉美人体操テーマソングが披露される。チェーンソーで彫刻するチェーンソーカービングの実演もあり、来年の干支の申(猿)の作品などが彫り上げられ、その場で販売される。このほか、木のクラフト展、木製LEDライトづくり体験、木材・木製品オークションなども企画されている。実行委員会では「おいしい食べ物や手づくり品などがたくさんあるので、ぜひ、立ち寄って楽しんでください」と多くの来場を呼びかけている。
 村民文化祭は手芸、生け花、絵画などの作品がずらりと展示。23日午後1時からは舞台発表もあり、各種団体の歌や踊りなどが披露される。出演者は次の皆さん。
 田辺ゴスペルクワイア(歌唱)、コローレス(フラメンコ)、pearl(アコーディオン・ピアノ)、泉龍クラブ(銭太鼓)、うれしの会(舞踊)、龍神あやめコーラス(コーラス)、龍舞会(舞踊)、わたぼうし(読み聞かせ)、龍神小唄保存会(三味線尺八演奏・民謡)、木ノ郷さくら組(よさこい)、天理教鼓笛バンド(鼓笛演奏)、上山路小学校(鼓笛演奏)、中山路小学校(群読)、咲楽小学校(ダンス)、龍神中学校(合唱)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る