心のよりどころが必要

 昨年度、県内の公立小中学校で認知されたいじめは3692件に上り、前年度より1057件も増加。児童・生徒1000人当たりの件数は33・8件で全国平均(13・7件)を大きく上回り、全国でワースト6となったことが文科省の調査で明らかになった。
 県教委は「どんな小さなサインも見逃さず、積極的に認知した結果」とし、現場の教師らが問題の早期発見に力を入れたことが増加の要因と分析。仁坂知事も「件数が多いのはよいことではないが、問題を捕捉できず、解決もできていないよりはマシ」という。
 一方、長期欠席者のうち病気や経済的理由を除く「不登校」の多さも和歌山県は深刻。昨年度の全児童・生徒に占める不登校の割合は小学校が0・53%、中学校が3・21%で、小学校は全国最下位、中学校はワースト3位となっている。
 いじめが多く、不登校も多いというのは関連しているのか。学校はいじめをなくすことを第一に、親は学校に行きたがらないわが子と向き合い、学校で居場所をなくした子どもが家でも孤立してしまわないよう適切に対処が求められる。
 都会では、不登校を思春期の子どもの生活スタイルの1つととらえる取り組みもある。親も教師も長期欠席をつまずきや失敗、問題といったマイナスに考えず、同じ境遇の仲間が自由に集い、学べる学校以外の居場所、フリースクールが成果を挙げつつあるという。
 若者の長期ひきこもりからの社会復帰、自立を支援するための施設が美浜町にオープンした。ひきこもり経験のある若者が自らの経験をもとに、自分と同じように苦しむ若者を助け、育てていく共同生活施設。学校でも家でもない、新たな心のよりどころ、「プチ家出の家」に注目したい。    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る