寺内町に「御坊天神堂」8日オープン

 節句の贈り物として親しまれていた御坊人形をもとにオリジナルの「天神人形」を創作した祭具師の杉本卓治さん(48)が代表となって、寺内町に8日、新しい土産物店「御坊天神堂」をオープンさせる。人形をはじめ、天神さんにあやかった合格祈願のお茶、まんじゅう、梅、マグカップを販売。日高別院のすぐ近くで、将来的には住民らが憩える町カフェにしていきたい考えで、寺内町の新しい観光スポットになりそうだ。
 日高地方ではかつて、節句のお祝いに御坊人形を贈る習わしがあったが、後継者がいないまま最後の人形師が亡くなってからは途絶えていた。獅子頭などを作る祭具師の杉本さんはことし1月、知人から「御坊人形を作ってみては」と声をかけられ、天神人形をもとに目と耳を大きくするなど杉本流のオリジナルの天神さんを夏に完成させていた。
 天神さんは学問の神様・菅原道真で、合格祈願にと市内の学習塾「ステップアップ塾」経営の喜多徹さん(54)が杉本さんに20体を注文したことがきっかけで、御坊の伝統文化を広くPRしていきたいとの思いを持っていた2人が意気投合。寺内町には休憩する場所や土産物店が少ないこともあり、「地域活性化にも貢献できれば」と今回、2人が協力して日高別院正門から南約50㍍、2年前から空き家となっていた築80年の町屋を借りて「御坊天神堂」(御坊市御坊48)をオープンすることにした。1階の約30平方㍍が店舗で2階は喜多さんの居宅となる。
 販売するのは高さ30㌢の天神人形(張り子1体3万5000円、練り物1体3万円)のほか、天神人形をかたどったまんじゅう(1個150円)、ハチミツ漬けとシソ漬けの2種類ある梅干し(330㌘入り1200円)、天神人形をイラストにしたパッケージが目を引くお茶「天神香茶」(40㌘500円)、マグカップ(1個500円)。お茶の「八百香園」、郷土銘菓処「ふく田」、大洋化学など地元の商店や企業の協力で商品が完成した。いずれも合格祈願グッズとしているが、寺内町観光の新たな土産としても注目されそう。天神人形は製作に約2カ月かかるため、基本的に注文を受けてから完成後に発送する。店舗の畳敷きスペースはテーブルを置くことにしており、気軽に休憩してもらえるようにする。
 オープンするのは当面、日曜日と祝日だけで時間は午前10時から午後5時。初日の8日は先着50人に店内でお茶を振る舞い、まんじゅう1個をサービスする。杉本さんは「寺内町観光に訪れる県外の人も多いので、気軽に立ち寄ってもらい、御坊の魅力を少しでも発信していきたい」、喜多副代表も「将来的には商品を増やしたいし、住民や観光客が憩える町カフェにして、御坊の名所の一つとなっていければうれしい」と話している。問い合わせは喜多副代表℡0738⑳1327。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る