戦後70年に届いた資料

 幼いころ墓参りに行くと、墓石上部が三角形になった墓にもお参りした。母らから「最期に水が飲みたいといって亡くなったので、お水をたくさんかけて」といわれ、ひしゃくで多めに水をすくい、手を合わせた。その墓は戦争で亡くなった、母方の祖父の弟(大叔父)のものだった。
 今春県から大叔父に関する新たな資料が見つかったと連絡があった。10月8日付で「ソ連邦抑留中死亡者資料」の調査結果が届き、中身を確認すると、これまで聞かされていたことと違って驚いた。
 23歳で亡くなった大叔父を直接知るのは母しかいない。母によると、4歳のとき、日の丸の旗を持って出征を見送ったという。「安否を気遣い、帰り来る日を父母、親族たちはどんなに待ちわびたことか」。当時のやり場のない思いは記憶に深く残っているようだ。昭和25年10月24日に死亡広報が届き、ソ連の病院で21年4月上旬に亡くなったと知らされた。「水が飲みたい」という話は戦友に後日教えてもらったらしい。
 調査で判明したことは実際に大叔父が亡くなったのは4月ではなく同年元日、埋葬地は北朝鮮の北の沿海地方。ことしの70回忌も含めて法事は3月に行ってきたが、もう少し早くしなければならなかった。42歳の筆者。大人になるまで、水の話で誤解したのか、正確な情報が親戚の間にも少なかったためか「南方の戦場で戦死された」と思っていた大叔父。事実を知らなさ過ぎた、また知ろうとしなかった自分が恥ずかしい。
 ロシア語の資料を手にすると、悲惨な戦争が身近に迫ってくるような気持ち。戦後70年が過ぎたが、後世に伝えていくためにも歴史を学び、平和への誓いを新たにしなければと大叔父の遺影を前に思う。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る