HML 寄付パン販売5店に

 日高地方を中心に活動している子育て応援ユニット「ハッピー・ママ・ライフ(HML)」が御坊市のボナペティヤナギヤとタイアップして取り組んでいる「寄付パン」が、11月から新たに県内の3店で販売されることが決まった。売り上げの一部が子どもの虐待防止プログラム(CAP)の活動資金に充てられるシステムで、「パンで子どもに笑顔を届けよう」の輪は着実に広がっている。
 新たに寄付パンを提供するのは和歌山市のパンプラスクルトンとHARIMAYA、紀の川市のパン・ド・パニエ。HMLメンバーを通じて寄付パンの取り組みを知り、協力してくれることになった。11月の児童虐待防止推進月間に合わせて30日までの1カ月間、ヤナギヤの御坊店と田辺店を含めて県内5店舗で販売される。種類はパンプラスクルトンが「おとふちゃん4個入り」(200円)、HARIMAYAは「塩パン」(120円)、パン・ド・パニエは「メロンパン」(140円)、ヤナギヤは2店とも「エンサイマダ」(130円)。
 寄付パンはHMLのメンバー発案で、ヤナギヤの全面協力を得て2012年6月からスタート。昨年は日高高校の「ジュニア・レッド・クロス」(JRC)のメンバーとコラボしたパンが好評だったこともあり、3年間での寄付総額は10万円を突破して10万7916円となった。これらの資金でCAPをPRするポスターを製作したほか、美浜町内の学童保育で子どもや大人対象のCAPワークショップを4回開催している。寄付以外でも、御坊市教育委員会から委託を受けて、市内5小学校の3年生を対象に毎年CAPワークショップを開催するなど、積極的に活動している。
 HML事務局の竿本有紀さんは「日本では4・05日に1人の割合で子どもが虐待で命を失っています。身近なパンを購入することで子どもへの虐待について考えるきっかけになってほしいと取り組んでいます。応援していただける店舗、CAPを受講してくれる子どもや大人をもっと増やし、虐待がなくなるよう活動していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る