不審な電話…誰かに相談

 「おれだよ、おれ…」――「○○かい、どうしたの?」。詐欺電話のはしりと言えるだろうか。この手口にだまされる人が増え、「オレオレ詐欺」と呼ばれるようになったのはちょうど11年前。2004年11月だそう。それから気をつけようと呼びかけるも、いまだに被害は後を絶たず、手口は巧妙化。ことし県内の被害総額は約2億6000万円(9月末現在)という。
 23日、御坊市役所の職員をかたった還付金名目の詐欺未遂電話が相次いだ。「払い過ぎの医療費を返金したい」「お金を振り込むための書類を送った」と預貯金先を聞き出したうえで、「お金を口座に振り込むのでATMへ行ってほしい」。いずれも携帯電話で還付手続きを指示するふりをし、実は犯人の口座にお金を振り込ませる手口だろうが、被害が出なくてよかった。
 同じ日、田辺市内で30代の女性がギャンブル必勝情報の提供名目で現金425万をだまし取られたと警察が発表。また、27日には紀の川市内で高齢の女性が保険料の還付金名目で現金約50万円をだまし取られる被害に遭った。報道によると、紀の川市での手口は23日にあった御坊での未遂2件とほぼ同じ。指定されたATMに行ったところ、携帯に電話があり、言われるままに操作したという。
 被害に遭った高齢の女性は自分自身、普段から特殊詐欺の被害に遭わないよう注意していたそうだが、現金を振り込んだという認識がないままにだまされたという。御坊市の2人も「幸い」と言えようか、おかしいと思わなくても相談、あやしいと感じたら通報。人を疑うのは気持ちよくないが、お金が関わる話には特に細心の注意を払おう。本紙も皆さんの防犯に役立つよう努めたい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る