日高町敬老会でこんちゃん講演

 日高町の敬老会が28日に農村環境改善センターで開かれ、講師にオロナミンCのコマーシャルなどで知られる「こんちゃん」ことコメディアン・俳優の大村崑(こん)さん(83)を迎え、「高齢社会における幸福論~いま幸せでっか~」をテーマに講演を聴いた。大村さんは健康で若々しくいられる秘訣として①笑い②買い物③うわさ話││の3つを紹介。ユーモアを交えた〝こんちゃん節〟に来場した高齢者ら約600人は大ウケだった。
 大村さんは「私を見てください。若々しくて肌のつやもいいでしょう。サラリーマンは休んでも給料をもらえるが、私ら喜劇役者は、お銭をもらうために元気な体で働かなければなりません」などと笑いを誘いながら、「ストレスがかかると体がボロボロになる。例えば夫は妻に先立たれるとストレスがかかって、平均して3年後に亡くなる。逆に妻は夫が先に亡くなると、20年は生きる。それはストレスがなくなるから」などと説明。「ストレスをためないことが重要。そのためにまず一つ目は笑うこと。鏡を見て笑う練習をしてください。だんだんいい顔になり、その笑顔が記憶され、いつでも自然に出てくるようになる。2つ目は買い物すること。買いたい服を見つけた時、それを着て出かける時、さらに『いい服着てるわね』などとほめられた時、ストレスがどんどん取れていく。そして3つ目はうわさ話。『ちょっと私に聞いたって言わないでよ』などと、うわさ話を広めるため町内を走り回っている人が長生きする」と持論を展開。さらに「その3つを実践していたのが、4年前に96歳まで長生きされて亡くなった喜劇役者の森繁久彌さん。周囲の人を笑わせるため『あなたどなた。もう死んだと聞いたけど』などと私に言ったり、私のためにヨットを買ってくれたり。また、森繁さんから『オレが文化勲章を受章することになったが、発表まで絶対に言ってはいけないことになっている』と電話がきたこともあった。私はそれを聞いてきちんと黙っていた。そして、森繁さんは帝国ホテルでの表彰式でさも初めて聞きましたという顔でお礼の言葉を述べていた。そこには三田佳子さんら有名人60人が出席していたが、実は全員が森繁さんから事前に受章の連絡を受けていた。黙っていた私たちはストレスがかかったが、森繁さんはストレスを発散していた」などと紹介した。
 最後に「背筋を伸ばして笑顔を見せ、明るく生きよう」と呼びかけた。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る