みなべ町が日体大と協定締結

 みなべ町は28日、日本体育大学と「スポーツ・健康に関する協定」を締結した。梅を通じて食育を推進し、スポーツや健康増進で連携を深める。町役場で調印式が行われ、小谷芳正町長と松浪健四郎理事長が契約書に署名。小谷町長は「日体大卒業生はスポーツの指導者として各地で活躍されている。今回の協定は梅の機能性を広く知ってもらうことにもつながる」と期待している。
 同町と同大学は、松浪理事長が国会議員時代に梅振興連盟に参加していたことなどがきっかけで交流。昨年10月に町が宣言した「梅で健康のまち」を契機に、協定を締結してスポーツや健康面で相互振興を図ることになった。
 協定には、学校・施設における教育・研究及び課外活動▽教職員・生徒の交流や指導員の派遣▽施設利用などが盛り込まれている。今後、同町と同大学に設置する推進協議会で実施プログラムを協議。大学生を講師に招いたスポーツ指導や、町民が大学の施設を使用することなどが可能になるという。調印式で、小谷町長は「日体大の卒業生は全国各地で指導者として活躍されている。スポーツ=梅、健康=梅を広く発信できる。町民にも一層スポーツに親しんでもらうことで健康増進にもつながる」と期待し、「町内の施設にはスポーツ選手が合宿で大勢訪れているが、経済的な負担を軽減するために合宿に対する補助金も考えている。できれば当初予算で計上できないか検討していきたい」と述べた。松浪理事長は「みなべ町から贈っていただいた梅干しを食べた駅伝部が、2年前の箱根駅伝で30年ぶりの優勝を果たした。スポーツをする子どもたちに夢を与え、お年寄りには健康になってもらえるように貢献したい。みなべ町が東京に大学を持ったというイメージで考えてもらいたい」と意欲的に語った。日体大が全国の自治体と協定を結ぶのは24番目で、県内では紀の川市と北山村に次いで3番目。これまで協定を結んだ他の自治体では、元五輪体操選手の田中理恵さんが子どもたちのマット運動の講師を務めたり、住民が大学の施設を利用したりしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 密漁も不法投棄もせんといてな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  2. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  3. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  4. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  5. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る