みなべ町が日体大と協定締結

 みなべ町は28日、日本体育大学と「スポーツ・健康に関する協定」を締結した。梅を通じて食育を推進し、スポーツや健康増進で連携を深める。町役場で調印式が行われ、小谷芳正町長と松浪健四郎理事長が契約書に署名。小谷町長は「日体大卒業生はスポーツの指導者として各地で活躍されている。今回の協定は梅の機能性を広く知ってもらうことにもつながる」と期待している。
 同町と同大学は、松浪理事長が国会議員時代に梅振興連盟に参加していたことなどがきっかけで交流。昨年10月に町が宣言した「梅で健康のまち」を契機に、協定を締結してスポーツや健康面で相互振興を図ることになった。
 協定には、学校・施設における教育・研究及び課外活動▽教職員・生徒の交流や指導員の派遣▽施設利用などが盛り込まれている。今後、同町と同大学に設置する推進協議会で実施プログラムを協議。大学生を講師に招いたスポーツ指導や、町民が大学の施設を使用することなどが可能になるという。調印式で、小谷町長は「日体大の卒業生は全国各地で指導者として活躍されている。スポーツ=梅、健康=梅を広く発信できる。町民にも一層スポーツに親しんでもらうことで健康増進にもつながる」と期待し、「町内の施設にはスポーツ選手が合宿で大勢訪れているが、経済的な負担を軽減するために合宿に対する補助金も考えている。できれば当初予算で計上できないか検討していきたい」と述べた。松浪理事長は「みなべ町から贈っていただいた梅干しを食べた駅伝部が、2年前の箱根駅伝で30年ぶりの優勝を果たした。スポーツをする子どもたちに夢を与え、お年寄りには健康になってもらえるように貢献したい。みなべ町が東京に大学を持ったというイメージで考えてもらいたい」と意欲的に語った。日体大が全国の自治体と協定を結ぶのは24番目で、県内では紀の川市と北山村に次いで3番目。これまで協定を結んだ他の自治体では、元五輪体操選手の田中理恵さんが子どもたちのマット運動の講師を務めたり、住民が大学の施設を利用したりしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 海の環境を守ろう!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る