いたずらしちゃうぞ~

 商店街を活性化させようと、みなべ町の商店や企業経営者の妻らで結成するおかみ元気会(岩本恵子会長)は24日、町内の商店街でハロウィンパーティーを開催。親子連れら約250人がおばけなどに仮装して街中を行進した。住民らは「とてもかわいいおばけたち」と笑顔で眺めていた。
 ことしで5年目の取り組み。みなべスタンプ協同組合が後援し、商店街の41店舗も子どもたちにお菓子をプレゼントするなど協力。青年クラブみなべ、女性会、町商工会青年部らも運営を手助けした。
 子どもたちは10グループに分かれて南部小学校体育館前を出発し、「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と言いながら街中を歩いて回った。住民らも沿道に出て、魔女やゾンビなどに扮したかわいい子どもたちを楽しそうに眺めていた。田辺市たきない町の伊保杏菜ちゃん(4)は母親の友子さん(39)と一緒に参加し、「衣装がかわいい。どきどきする」とニッコリ。みなべ町東本庄の久保綾芽ちゃん(6)と弟の樹生君(3)もお姫さまや悪魔に仮装し、「とても楽しい」と喜んでいた。
 ことしはオリジナル缶バッジを製作し、ハロウィンをテーマにした絵も募集。応募作品は11月4日までちぐすや(南道)、かつら堂(北道)、福荘(北道)、快住館(東吉田)、恵比寿屋(芝)の5店で展示している。岩本会長は「参加者は年々増えており、ことしも昨年より50人程度多く参加してくれました。イベントを通じて商店街に立ち寄ってもらい、買い物を楽しんでくれるように取り組んでいきたいと思います」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る