災害に油断は禁物

 民間災害ボランティア団体「梅の郷救助隊」が平成7年に結成されて以来、ことしで丸20年を迎えた。去る25日には東日本大震災被災地の宮城県気仙沼市から3人の震災体験者を交えてパネルディスカッションが行われた。津波で亡くなった夫を家に置いたまま逃げなければならなかった辛さ、寒さに耐えながら避難生活を送ったことなどが生々しく語られた。
 避難者らの支援ボランティア活動に当たったパネリストの1人畠山恵美子さん(55)は、多くの命が亡くなったことについて「津波の怖さを知らなかった人がいた。避難しなければならない状況だったにもかかわらず、逆に海の方に向かった人もいたし、一度避難してもまた家に戻った人もいた。そういう人たちが命を失ってしまった」と振り返り、すぐに逃げることの大切を訴えた。
 では、なぜ逃げなかったのか。ディスカッションでは尾﨑剛通隊長が「『まさか』という油断の気持ちがあったのではないか」と語った。大震災を体験したことがない筆者だが、その意見に同感だ。台風や大雨などでも早めの避難が大切ということは百も承知。しかし、いざ行動に移すとなると、いささかの抵抗を感じる。「自分は大丈夫」とまったく根拠のない理由を付けてしまう。災害を甘くみた油断から生じる感情だろう。
 各地で行われる避難訓練では、「ただ家から避難所まで歩いて移動するだけで、必要性があるのか」と考える人もいるようだ。しかし、実際に行動に移すということに大きな意義があり、体験しておくことで万一の時に同じ行動を取りやすくなるのではないか。11月5日は津波防災の日。東日本大震災の記憶を呼び起こし、もう一度災害から身を守ることを考えよう。  (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. これであったかいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る