スポーツの秋感動与える

 44年ぶりに開催された紀の国わかやま国体の興奮さめやらぬ中、24日には障害者スポーツの祭典、紀の国わかやま大会が開幕し、26日までの3日間、熱い戦いが繰り広げられた。老若男女、障害の有無にかかわらず誰でも楽しめるのがスポーツの魅力の一つ。それぞれの競技にひたむきに、そして情熱を持って打ち込む姿は人に感動を与える。勝つか負けるかではなく、この感動こそがスポーツの真髄ではないだろうか。感動を与える原動力となるのは、勝ちたいと思う気持ちの強さだろう。最近でいえば、南アフリカに勝ったラグビー日本代表がいい例だろうか。引き分け狙いではなくあくまで勝ちにいこうとする気持ちが人を強くする。
 先日、小学生女子サッカーの関西代表メンバー入りしたサザンクロス所属の長坂彩音さんを取材した。県内で2人しか選ばれていない選抜チームに選出されるのだからもちろん技術が備わっているのだが、印象的だったのは気持ちの強さ。「チームを引っ張っていけるように頑張りたい」「監督の目を引くプレーがしたい」、言葉の中には、サッカーが好きという気持ちと情熱が詰まっていた。一番感心させられたのは、「中学校では男子のクラブチームに入って頑張りたい」との言葉。この思いがあればもっともっと成長するだろう。活躍に期待を込めてエールを送りたい。
 少子化の中で、各競技とも選手を確保するのが大変な時代になってきたが、各指導者の方々のおかげでスポーツができる環境は整っている。とくに児童生徒の皆さん、勉強も大事だがスポーツから学ぶことはたくさんある。スポーツの秋、人に感動を与えるようなひたむきな姿勢で打ち込んでほしい。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る