真心があれば世界は変わる

 第二次世界大戦下、リトアニアの領事でありながら日本政府の方針に背き、ナチスに追われるユダヤ難民にビザを発給し、6000人の命を救った外交官杉原千畝の半生を描いた映画が完成した。主人公の千畝を演じるのは唐沢寿明、その妻幸子は小雪。戦後70年記念として、12月5日から全国公開される。
 昭和15年7月、リトアニアの日本領事館にビザを求めるユダヤ系難民が殺到した。日本政府はドイツを刺激しないよう、ビザを発給しないよう通達するが、千畝は人道上、難民を見捨てることはできないと、家族の理解も得て、独断で「命のビザ」を発給し続けた。
 同じように、ドイツではナチス党員でありながら、ナチスの迫害から多くのユダヤ人を救った実業家オスカー・シンドラーがいた。22年前、映画賞を総ナメしたスピルバーグ監督の『シンドラーのリスト』で世界に知れわたり、以降、千畝は「日本のシンドラー」と呼ばれるようになった。
 死に直面しながら行き場を失い、絶望の淵に立たされた人を見たとき、自分は何をなすべきか。いまから125年前、串本町の樫野埼沖で起きたトルコの軍艦エルトゥールル号遭難事故では、600人以上の乗組員が荒れ狂う海に投げ出され、地元の村人が総出で救助にあたった結果、69人の命が助かった。この真実の物語も今年、『海難1890』というタイトルで映画化され、『杉原千畝』と同じ12月5日から公開される。
 串本の人たちの献身はトルコで語り継がれ、のちのイラン・イラク戦争でイランに取り残された邦人の救出劇へとつながったが、それはもちろん、串本の借りがあったからではない。杉原やシンドラーと同じく、困った人には手を差し伸べるという真心こそが世界を変える。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る