真心があれば世界は変わる

 第二次世界大戦下、リトアニアの領事でありながら日本政府の方針に背き、ナチスに追われるユダヤ難民にビザを発給し、6000人の命を救った外交官杉原千畝の半生を描いた映画が完成した。主人公の千畝を演じるのは唐沢寿明、その妻幸子は小雪。戦後70年記念として、12月5日から全国公開される。
 昭和15年7月、リトアニアの日本領事館にビザを求めるユダヤ系難民が殺到した。日本政府はドイツを刺激しないよう、ビザを発給しないよう通達するが、千畝は人道上、難民を見捨てることはできないと、家族の理解も得て、独断で「命のビザ」を発給し続けた。
 同じように、ドイツではナチス党員でありながら、ナチスの迫害から多くのユダヤ人を救った実業家オスカー・シンドラーがいた。22年前、映画賞を総ナメしたスピルバーグ監督の『シンドラーのリスト』で世界に知れわたり、以降、千畝は「日本のシンドラー」と呼ばれるようになった。
 死に直面しながら行き場を失い、絶望の淵に立たされた人を見たとき、自分は何をなすべきか。いまから125年前、串本町の樫野埼沖で起きたトルコの軍艦エルトゥールル号遭難事故では、600人以上の乗組員が荒れ狂う海に投げ出され、地元の村人が総出で救助にあたった結果、69人の命が助かった。この真実の物語も今年、『海難1890』というタイトルで映画化され、『杉原千畝』と同じ12月5日から公開される。
 串本の人たちの献身はトルコで語り継がれ、のちのイラン・イラク戦争でイランに取り残された邦人の救出劇へとつながったが、それはもちろん、串本の借りがあったからではない。杉原やシンドラーと同じく、困った人には手を差し伸べるという真心こそが世界を変える。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る