花言葉は「うぬぼれ」

 由良町で町花のスイセンの花に美容成分が含まれていることが、近畿大学薬学部の研究で明らかになったという話題は、社会面や小欄でも一度紹介した通り。今後、化粧品などの新しい特産品開発やスイセン栽培を通じた地元遊休農地の活用、化粧品製造工場建設に伴う雇用確保などにつながると期待されている。
 そんなスイセンについて先輩記者から面白い話を聞いた。そもそもスイセンの学名は「Narcissus(ナルシサス)」と言い、ギリシア神話に登場する美少年ナルキッソスに由来。そして花言葉は「うぬぼれ」で、水鏡に映った自分の姿に恋をしてスイセンになってしまった美少年ナルキッソスの伝説に由来している。
 何を言いたいのか、もう分かると思うが、スイセンを使った化粧品などが開発できれば、ナルキッソスや花言葉は、商品のイメージ戦略に使いやすい。例えば商品名はずばりスイセンの美容エキス入り「うぬぼれ」でもいい。「この化粧品を使えば自分自身にうぬぼれてしまうほど、美しくなる」といった宣伝文句にできるのではないだろうか。
 観光にしても、何か名物をPRするにしても、それに関連する物語やエピソードがある方が、面白味があり、発信もしやすいとは、よく言われること。由良町のスイセンにつついては、もともと町内に紀南最大の群生地があり、町花に指定され、観賞イベントも行われるなど、町にとってはゆかりの深い花であるため、それだけでもスイセンの活用には意義がある。その上で、もってこいの花言葉もあったので、今後、スイセンを活用した地域活性化の取り組みの参考になればと思う。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る