U12女子サッカー 長坂選手が関西代表入り

 小学生女子サッカーのU―12(6年生以下)関西代表メンバー20人に、日高地方から唯一、サザンクロスのFW長坂彩音選手(岩代小6年)が選ばれた。身長163㌢の恵まれた体格で、男子にも当たり負けしない体の強さと大人並みのキック力が持ち味で、サザンクロスでは1、2を争う点取り屋。25日には男子選抜と対戦することになっており、「得点を決めてきたい」と闘志を燃やしている。
 関西の有望な女子選手を発掘しようと、ことしが初めての取り組み。各府県のトレセン代表メンバーが参加して行われた選考会で、動きの良かった20人を選出した。県内から選ばれたのは長坂選手を含めて2人だけ。24日に大阪J―GREEN堺での練習会に参加し、25日は男子の各府県トレセン代表チームが参加して行っている関西トレセンリーグに特別参加し、京都府の下鳥羽グラウンドで兵庫県と京都府の選抜チームと対戦する。
 小学1年からサッカーを始めた長坂さんは、4年ごろからFWとしてメキメキ上達。サザンクロスでは唯一の女子選手ながら、男子にも負けないフィジカルの強さを生かし、ドリブルで突破してゴールを決められるストライカー。キック力はチームトップクラス、スピードも兼ね備えている。「得点を決めたときが一番楽しい」とFWの魅力にハマっており、これからは「フェイントとかもっと個人技を磨きたい」と常に向上心も。関西選抜では「監督の目を引くプレーをして、ゴールも決めたい」とこぶしを握る。憧れの選手はなでしこジャパンの川村優理選手。「将来はなでしこジャパンに選ばれるのが夢。中学でも男子のクラブチームに入って頑張りたい」と張り切っている。
 サザンクロスの西川和人監督は「決定力があり、守備でも一生懸命できる、日本代表の岡崎慎司のような選手。関西トップ選手が集まるのでいいところを吸収して、とにかく楽しんでやってきてほしい」とエールを送っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る