プロ野球の監督交代劇

 プロ野球はクライマックスシリーズが終わり、残すは日本シリーズのみとなった。日本シリーズ進出を逃したチームでは、次期監督の話題がスポーツ紙などをにぎわしている。
 セ・リーグでは巨人の原辰徳監督(57)、阪神の和田豊監督(53)、DeNAの中畑清監督(61)、パ・リーグでは楽天の大久保博元監督(48)が今期限りでユニホームを脱ぐ。原監督は優勝候補大本命といわれる中、ヤクルトに1・5ゲーム差の2位となり、クライマックスシリーズでヤクルトに敗退。和田監督は8月下旬から優勝争いに加わるなど見せ場もあったが、9月の失速で3位に終わった。中畑監督は前半戦、首位に立つなどセ・リーグを盛り上げたが最下位に沈み、大久保監督は首位と33・5ゲーム差と惨憺(さんたん)たる結果だった。
 巨人はリーグ2位なら悪くない成績。阪神も健闘したといえなくない。DeNAは観客動員が伸びたように、面白い野球をやっていたように思う。楽天については評価のしようがないが、就任1年目だったことを考えれば、もう1年やってみてもいいのではないかという気もする。
 プロ野球チームは毎日が勝負の戦う集団。チームが結果を残せなかったときには誰かが責任を取らなければ来季に向けて新たなスタートを切りにくくなる。指揮をとったものが辞任という形で引責するのが一番スムーズで分かりやすいのだろう。
 世間には不祥事や問題を起こしても、結果を残せなくてもその席に居座り続ける〝指揮官〟はいくらでもいる。そんな組織は心機一転できないまま、いつか消えてなくなっていくのだろう。少し厳しいプロ野球の監督交代劇だが、円滑な組織運営には必要なことなのかもしれない。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る