みなべ 萬福寺の寺子屋好評

 みなべ町清川、萬福寺で石井清澄住職(72)が月1回開いている寺子屋が子どもたちの憩いの場となっている。「南無阿弥陀仏」の写経のほか、イモ掘りやクリスマスなど季節に合わせた楽しいイベントも実施。石井住職は「地域の子どもたちと道で会うと『和尚さん』と声をかけてくれる。それがとてもうれしい」と話している。
 石井住職は元小学校校長で、平成16年に清川小学校を最後に退職。「学校を離れても子どもたちとの関わりを持ち続けたい」という思いがあったという。以前から寺に子ども文庫「一休文庫」を開設していたが、利用してくれる子どもが少なく、「定期的に子どもたちが集まるような取り組みをする方がいいのでは」と考え、10年ほど前に寺子屋を開いた。
 毎月第2土曜日に本堂で開講し、地域の小学生らが10人程度集まっている。内容は、低学年が平仮名で「なむあみだぶつ」、高学年が漢字で「南無阿弥陀仏」と硬筆で写経。子どもたちは書き上げると「和尚さん、できました」と提出し、石井住職は「漢字で名前を書けるようになったのか」「ガールスカウトには行ってきた?」など、一人一人と優しく言葉を交わす。仕上げた枚数によって9級(5枚)からスーパー名人(200枚)まで21段階にランク付けし、子どもたちが楽しみながら取り組めるようにしている。写経が終わると、「ヨーヨー釣り」「水鉄砲づくり」「クリスマス会」などのイベントを用意。今月には近くの畑でイモ掘りが行われ、子どもたちがスコップを手に収穫を楽しんだ。11月には焼きイモを企画している。
 石井住職は「道で子どもたちに会うと、あいさつをしてくれる。子どもたちとの関わりが持ててうれしく思っている。今後も続けたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る