みなべ 萬福寺の寺子屋好評

 みなべ町清川、萬福寺で石井清澄住職(72)が月1回開いている寺子屋が子どもたちの憩いの場となっている。「南無阿弥陀仏」の写経のほか、イモ掘りやクリスマスなど季節に合わせた楽しいイベントも実施。石井住職は「地域の子どもたちと道で会うと『和尚さん』と声をかけてくれる。それがとてもうれしい」と話している。
 石井住職は元小学校校長で、平成16年に清川小学校を最後に退職。「学校を離れても子どもたちとの関わりを持ち続けたい」という思いがあったという。以前から寺に子ども文庫「一休文庫」を開設していたが、利用してくれる子どもが少なく、「定期的に子どもたちが集まるような取り組みをする方がいいのでは」と考え、10年ほど前に寺子屋を開いた。
 毎月第2土曜日に本堂で開講し、地域の小学生らが10人程度集まっている。内容は、低学年が平仮名で「なむあみだぶつ」、高学年が漢字で「南無阿弥陀仏」と硬筆で写経。子どもたちは書き上げると「和尚さん、できました」と提出し、石井住職は「漢字で名前を書けるようになったのか」「ガールスカウトには行ってきた?」など、一人一人と優しく言葉を交わす。仕上げた枚数によって9級(5枚)からスーパー名人(200枚)まで21段階にランク付けし、子どもたちが楽しみながら取り組めるようにしている。写経が終わると、「ヨーヨー釣り」「水鉄砲づくり」「クリスマス会」などのイベントを用意。今月には近くの畑でイモ掘りが行われ、子どもたちがスコップを手に収穫を楽しんだ。11月には焼きイモを企画している。
 石井住職は「道で子どもたちに会うと、あいさつをしてくれる。子どもたちとの関わりが持ててうれしく思っている。今後も続けたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る