人こそが地域活性化の原動力

 新しい地域活性化イベントとして注目度が高まっている御博(おんぱく)。和歌山県では初開催となるみやこひめ御博が、いよいよ今月24日から開幕する。11月22日までの30日間、日高地方の住民や団体が32の体験型プログラムを提供する催しで、住民が主役となる手作りイベント。企画、行動している実行委員会のメンバーは20~40代の若者が中心で、誰かにやらされているのではなく、自分たちで動いているところが素晴らしい。このパワーこそが地域活性化の原動力である。
 筆者が10年近く前に担当していた印南町は当時、地域おこしをしようと熱心に取り組む住民有志のグループがあり、よく取材をさせてもらった。交流人口を増やそうと、さまざまな体験イベントを企画、実行し、同じ地名の兵庫県稲美町の住民グループと民間同士の交流を深めるなど輪を広げていったのが思い出される。当時は行政も積極的で、ワークショップを重ねてさまざまな魅力的な活性化プログラムも作成したまではよかったが、「誰が実行するの」に行きつき、せっかく作ったメニューもなかなか実践できなかったことを思い出す。
 当時、住民有志の中心的存在で、魅力あふれるアイデアを提案、実行していた人が、「まちづくりは、人づくり」としきりに言っていたのが忘れられない。声(肥)をかけることから始まり、人はやる気(木)になる。その木が広がれば林になり、やがて森になると。その人は昨年末に他界してしまったが、人こそが地域の魅力だと教えていただいた。みやこひめ御博で地域おこしをしようとする若い力を、あの人は天国から目を細めて見つめていることだろう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. イメージは美しい海?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る