取り返しがたい敗北

 終戦時は130万だった数字が1950年代に1000万となり、いまから30年前には2100万、17年前には3500万にまで膨れ上がった。これは日中戦争の中国人の死者・死傷者の数で、2100万人は中国共産党政府の公式発表、3500万人は江沢民主席が主張した。
 いわゆる南京大虐殺の犠牲者数も同様。中国側は30万人とし、日本の一部メディアの報道では、すでに米国の公立高校の教科書には、日本軍が2カ月の間に7000人の女性を強姦し、銃剣で40万人を殺害したと記述されているという。
 日本人の多くは、数十万人もの大虐殺など政治的意図のもとにでっちあげられた数字だと分かっていても、米国の教師やその教科書で学ぶ生徒たちはそれを真実であると疑わない。ついにはユネスコまでが中国の情報戦略にはまり、記憶遺産に登録してしまった。 中国は南京大虐殺とナチスのホロコーストを同列に置き、日本を貶めるためにはなりふりかまわず大金を使い、欧米諸国に向けて宣伝、ロビー活動を展開してきた。その結果が米国の歴史教科書、ユネスコの記憶遺産登録であり、もはや取り返しがたい外交の敗北である。
 私たちの常識、価値観からすれば、国際社会における中国のふるまいはまるで信じられない。しかし、それこそようやく見えてきた中国の正体で、そんな「諸国民の公正と信義に信頼して」泣き寝入りを続けても、国際世論が日本になびくことはありえない。非常識なのは日本となる。
 南京大虐殺は東アジアの覇権を狙う中国にとって、その障害である日米同盟に打ち込む大きな楔。日本の為政者は今回の記憶遺産でユネスコを非難する前に、自らの言動、政策の愚かさを反省すべきだ。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る