由良で肩こり予防の運動教室

 安倍さんがやってます││。 由良町初の運動教室が、13日から中央公民館でスタートした。講師は日高新報のヨガ連載でおなじみフリーインストラクターの新田佐津紀さんで、多忙な日々を送る安倍晋三首相が実践しているという肩凝りの予防体操を県内で初伝授。参加した主婦ら32人から「肩が軽くなりました」などと大好評となった。
 新田さんは「安倍首相の専属インストラクターをしているのが、実は私の先生。先日その先生とお会いする機会があり、安倍首相に指導した体操の内容を聞いてきました。先生によると、安倍首相の肩は仕事疲れでありえないほどカチカチに凝っているそうで、予防体操を気に入っていただき、週何回も呼ばれるそうです。そんな体操をきょうは指導します。ほかのインストラクターは知らないので、県内ではここが初めてとなります。皆さんラッキーだと思ってください」と説明した。
 安倍首相の肩凝り予防体操は、①左手を右肩に乗せる②左手で押して右肩を下げ首も引っ張られるように傾ける③そのまま右腕をズボンに触れるような感じでぶらぶら振る④さらにそのままの姿勢で手の平をくるくる回転させる⑤傾けた首を真っすぐに戻す││の順番。同じように反対の肩と腕でも行う。実践する際の注意として新田さんは、「腕を振るときはダイナミックな動きはダメで、自然な小さな動きでいいです」とアドバイス。「普段、緊張していると肩が少しずつ上がってきます。これが続くと肩凝りになりますので、肩を下げる運動で、リンパの流れをよくします」などと話した。運動後に参加者は実際に肩の位置が下がっていることを、驚きの声とともに実感していた。
 このほか、両足をそろえジャンプして足を広げたり、目を閉じて足踏みしたりするなどで股関節や骨盤など体のゆがみをチェックできる運動も学んだ。里の主婦(71)は「アクオに週2回通っているのですが、さらに健康な体を維持できるよう参加しました。膝や腰も悪いので、これからも教室に続けて参加したいと思います」と喜んでいた。
 運動教室は、来年3月まで月2回開催。今月は「身体ゆがみ治し体操」で、体調改善デトックス体操やおなか引き締めスラット体操など、毎月テーマを変えていく。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る