国体の熱を冷ますな

 去る9月26日に開幕した第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」は10月6日に全競技が終了し、和歌山市で総合閉会式が行われた。県は昭和46年の黒潮国体以来44年ぶり2度目となる天皇杯(男女総合成績1位)を獲得し、女子総合成績(皇后杯)でも2位の好成績。この国体へ向けて数年前から強化費を投じ、図ってきた各競技団体のてこ入れが実を結んだといえる。
 開幕前の6月、紀の国わかやま国体と今月24日から26日まで開催される第15回全国障害者スポーツ大会「紀の国わかやま大会」について、その経済波及効果が県内で約810億円に上るとする大学教授らの試算結果が公表されている。県と市町村による競技場新設や全国から訪れる人の宿泊、飲食。目に見えて地域経済に大きな効果がもたらされているように感じた。
 成績や経済の面だけでなく、個人や地域差はあるだろうが、大いに盛り上がった感じがする国体。11日間の期間中、筆者は和歌山市で総合開会式、印南町で自転車とゴルフ、日高町と紀美野町でホッケーを取材したが、そのなかで仁坂吉伸知事が開会宣言で述べていたような、躍動する選手やスポーツの歓喜を味わい、友情の絆を育む多くの人の姿が見られた。
 筆者自身もトップアスリートのプレーや活躍に興奮し、県内外の大勢の人と交流。いい経験になり、今後に生かせればと思っている。次に県内で国体が開催されるのは単純に各都道府県を回ったとして47年後。どうなっているか想像もつかないが、成績、経済、経験を含め、「躍動と歓喜、そして絆」の熱を一過性でなく、将来につなげていく必要がある。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る