日高町へ珍しい南洋のチョウ

 南洋のチョウ、スジグロカバマダラが6日、日高町志賀で確認された。主にインドやオーストラリア、国内では宮古島以南の南西諸島に分布するチョウで、県内への飛来は非常に珍しい。海南市の県立自然博物館では「主な文献などを調べたが、これまでに県内で確認された記録はなく、初確認といっていいのではないかと思う」と話している。
 場所は個人所有の公園「志賀の郷」。この時期になると、たくさん植えられたフジバカマに渡りチョウのアサギマダラが飛んでくるが、写真愛好家の中西次郎さん(78)=御坊市湯川町小松原=がアサギマダラに混じってオレンジ色の見慣れないチョウ2匹を発見。よく似ているが模様が少し異なり、一つの花にとまって仲良く蜜を吸っているところをカメラに収めた。昆虫に詳しい中西さんは「この辺ではあまり見られないカバマダラの仲間ではないか」と写真を海南市の県立自然博物館へ送って問い合わせたところ、「間違いなく1匹はカバマダラ、もう1匹は極めて珍しいスジグロカバマダラ」との答え。どちらも南洋のチョウだが、カバマダラはこれまで白浜や有田など県内各地で何度か確認の記録があり、中西さん自身も16年前に御坊市の数カ所で観察したことがあった。だがスジグロカバマダラについては県内確認の記録は見当たらず、県立自然博物館では「非常に珍しい。おそらく台風の風でここまで飛ばされてきた迷蝶と思われる。今の季節にここで繁殖しても冬は越せないので一時的な来訪だが、貴重な情報を寄せて下さってありがたい」と話している。
 スジグロカバマダラはオレンジ色の鮮やかなチョウで、羽にはっきりとした黒い網目模様があるのがカバマダラとの違い。体内には毒があり、危険性を知らせるためか非常にゆるやかに飛ぶ。南紀カメラクラブ会長も務める中西さんは、「カメラを構えている時、ちょうど珍しいカバマダラともっと珍しいスジグロカバマダラが同時に目の前の花に飛んできてくれるなんて、写真の神様が降りてきたようでした」と、貴重な写真撮影の成功を喜んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る