日高町へ珍しい南洋のチョウ

 南洋のチョウ、スジグロカバマダラが6日、日高町志賀で確認された。主にインドやオーストラリア、国内では宮古島以南の南西諸島に分布するチョウで、県内への飛来は非常に珍しい。海南市の県立自然博物館では「主な文献などを調べたが、これまでに県内で確認された記録はなく、初確認といっていいのではないかと思う」と話している。
 場所は個人所有の公園「志賀の郷」。この時期になると、たくさん植えられたフジバカマに渡りチョウのアサギマダラが飛んでくるが、写真愛好家の中西次郎さん(78)=御坊市湯川町小松原=がアサギマダラに混じってオレンジ色の見慣れないチョウ2匹を発見。よく似ているが模様が少し異なり、一つの花にとまって仲良く蜜を吸っているところをカメラに収めた。昆虫に詳しい中西さんは「この辺ではあまり見られないカバマダラの仲間ではないか」と写真を海南市の県立自然博物館へ送って問い合わせたところ、「間違いなく1匹はカバマダラ、もう1匹は極めて珍しいスジグロカバマダラ」との答え。どちらも南洋のチョウだが、カバマダラはこれまで白浜や有田など県内各地で何度か確認の記録があり、中西さん自身も16年前に御坊市の数カ所で観察したことがあった。だがスジグロカバマダラについては県内確認の記録は見当たらず、県立自然博物館では「非常に珍しい。おそらく台風の風でここまで飛ばされてきた迷蝶と思われる。今の季節にここで繁殖しても冬は越せないので一時的な来訪だが、貴重な情報を寄せて下さってありがたい」と話している。
 スジグロカバマダラはオレンジ色の鮮やかなチョウで、羽にはっきりとした黒い網目模様があるのがカバマダラとの違い。体内には毒があり、危険性を知らせるためか非常にゆるやかに飛ぶ。南紀カメラクラブ会長も務める中西さんは、「カメラを構えている時、ちょうど珍しいカバマダラともっと珍しいスジグロカバマダラが同時に目の前の花に飛んできてくれるなんて、写真の神様が降りてきたようでした」と、貴重な写真撮影の成功を喜んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る