ミナベ化工の新事務所が竣工

 みなべ町気佐藤、ミナベ化工㈱の新事務所が完成。7日に竣工式が行われ、関係者ら約100人が祝った。施設は鉄骨4階建て、延べ床面積1758平方㍍。防災を重視した設計で、4階には非常食や飲料水などを常備している。同社では「社員は約130人だが、少なくとも350人は避難できる。万一の災害発生時には地域住民の避難所としても活用してほしい」と話している。
 南海トラフの巨大地震が懸念されている中、同社が行った津波を想定した避難訓練では、事務所から安全な高台へ移動するまでに15分程度かかったという。新事務所は災害発生時の社員の安全確保を考慮し、支柱を地下30㍍まで15本打ち込むなど耐震を強化。4階には備蓄室を設け、非常用の食糧450食分、飲料水、簡易トイレ、発電機、衛星電話2機など防災に必要な一式を備えた。建物の最高部分の高さは17・25㍍で、非常時に利用しやすいように壁を少なくした設計となっている。社員だけでなく地域住民の避難所としても活用を呼びかけており、同社は「懸念されているような大地震による津波が発生した場合、社員だけでなく地域の皆さんの安全に役立ててもらいたい」と話している。同社周辺では南海トラフの地震が起こった際の津波の浸水予想は2~5㍍とされ、近くには避難困難地区もある。11月ごろには、周辺の新庄地区との合同避難訓練も検討している。
 紀州南部ロイヤルホテルで開かれた祝賀会には約100人が出席。藤井達夫社長はあいさつで同社の歩みを説明したあと防災についても触れ、「東南海・南海地震の発生が心配されている。従業員の安全を確保し、地域の住民にも活用してもらいたい」と述べた。関連会社の大阪ガスケミカル㈱の藤原正隆社長もあいさつ。仁坂吉伸知事、坂本登県議が祝辞し、小谷芳正町長も「これから防災協定を結ぶよう進めていきたい」と述べた。式終了後には新事務所の見学会も開かれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る