スポーツには物語がある

 空気がさらっと心地よいこの時期は、スポーツの季節であると共に読書の季節でもある。両方を楽しむためというわけでもないが、最近スポーツに関する本を立て続けに読んだ。印象的だったのが、古今の著名な文筆家19人のスポーツ関係の随筆を集めた「彼らの奇蹟」(玉木正之編、新潮文庫)
 ◆有吉佐和子が東京五輪女子バレーを書いた「魔女は勝った」を読むため購入したのだが、他の18人の個性みなぎる文章が面白い。澁澤龍彦が平安貴族のスポーツ蹴鞠について描いた「空飛ぶ大納言」、石原慎太郎が事故死者の出たヨットレースへの出場体験を書いた「死のヨット・レース脱出記」等々、書き手もテーマも幅広く、一つ一つに物語がある
 ◆山際淳司「たった一人のオリンピック」の主人公は五輪メダリストという称号に憧れ、比較的競争率の低いボート競技に打ち込んだ。モスクワ五輪に照準を合わせ、何もかも犠牲にして5年間励んだが、その年がきた時、日本政府はソ連のアフガン侵攻に抗議してボイコットを決めた。彼はその後スポーツから離れ、電気メーカーに就職した
 ◆どことなくユーモラスな書きぶりのそれとは対照的なのが、日本女性の五輪メダリスト第1号人見絹枝について書いた虫明亜呂夢「大理石の碑」。「女子がスポーツをするのははしたない」と思われていた昭和初期、彼女は女性スポーツの指導やジャーナリズムで活躍。過酷な活動の末、肺結核で亡くなる。享年24歳。読後、高校野球の勝利チームが校歌を斉唱するのは昭和4年に人見絹枝が提案してからと知った
 ◆スポーツについて読むのは、一つのことに向き合う人達の「ひたむきさ」に触れること。そうして心動かされる経験は、道徳の授業より深く心を育ててくれるように思える。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る